シンボルの風車が心和ませてくれる駅前ののどかな公園

浮間公園

JR埼京線「浮間舟渡」の北側、歩いてすぐの場所に位置する「浮間公園」。たくさんの緑と公園の面積を40%程も占めるという「浮間ヶ池」、そして池畔に建つ風車がのんびりとした風景を作り出し、駅のすぐ近くとは思えないほどに心を落ち着かせてくれる。

「浮間公園」入口
「浮間公園」入口

「浮間ヶ池」は、もともとは荒川の本流であった場所。荒川は蛇行が大きかったために昭和初期に直線化工事が行われ、その際に残った部分が池となったものだ。へラブナやコイなどの川魚が生息しており釣りを楽しむこともできる。

お花見スポットとしても人気
お花見スポットとしても人気

子どもたちの遊び場も充実していて、こども運動広場や冒険広場、ちびっこ広場、芝生広場が広がっている。冒険広場にはブランコや鉄棒、滑り台の付いた複合遊具、ターザンロープなど、たくさんの遊具がそろっている。ちびっこ広場にも、ブランコや砂場、小さめの複合遊具などがあり、冒険広場に比べ小さい子どもたちが楽しむことができる。また、夏になると子どもたちで一層賑わうのは「じゃぶじゃぶ池」。水深10cm程だがきれいに整備されており、水着の着用と入る前のシャワーが必須。“池”という名前が付くものの、どちらかというとプールのようなイメージで、清潔に安心して遊ばせることができる。

季節によって移り変わる自然を楽しめる
季節によって移り変わる自然を楽しめる

その他にも、野球場やテニスコート、バードサンクチュアリ、水生植物園もあるので、スポーツや自然観察など様々に過ごすことができる。もちろん、季節の移り変わりも楽しみたい。春には桜の名所としても有名で、「浮間ヶ池」に映える桜は見事。「舟渡桜祭り」の際には模擬店が出るほか、ステージパフォーマンスも行われる。また、桜の季節のすぐ後には、サクラソウを栽培する「浮間ヶ原桜草圃場」で「さくら草祭り」が開催される。冬には、カモなどの渡り鳥も飛来する。

七夕のイベントで短冊を飾る子どもたち
七夕のイベントで短冊を飾る子どもたち

目的に応じて誰もが楽しめる公園、「浮間舟渡」。駅から徒歩1分とアクセスのとても良いロケーションなので、天気の良い日にはふらりと気軽に訪れたい。

風車も見どころだ
風車も見どころだ

浮間公園
所在地:東京都板橋区舟渡2、北区浮間2 
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/..
https://twitter.com/ParksUkima

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ