エリアコラム―早稲田

都内有数の文教地区ならではの心地よい暮らしを満喫できる早稲田エリア

新宿区は、西新宿を中心に高層ビル街が形成されるなど、オフィスタウンとしての顔を持つ一方で住宅地も多い。東京メトロ東西線「早稲田」駅周辺に広がる早稲田エリアもそのひとつだ。早稲田は山手線の内側ならではの都心に近い暮らしの利便性と、歴史や文化、豊かな緑が醸し出す落ち着きを併せ持つベットタウンとして注目されている。この周辺は江戸時代に武家屋敷が多く建てられ、明治以降は上流階級の邸宅街となった。「早稲田大学」を中心に都内有数の文教地区としても発展し、「早稲田大学」のほかにも数多くの教育施設が立地する。

一歩路地を入ると落ち着いた住宅街が広がり、どこか温かさを感じる。新目白通りには都電荒川線が走る。
一歩路地を入ると落ち着いた住宅街が広がり、どこか温かさを感じる。新目白通りには都電荒川線が走る。

東京メトロ東西線・副都心線が徒歩圏内

早稲田エリアは東京メトロ東西線「早稲田」駅と東京メトロ副都心線「西早稲田」駅の2駅が利用でき、交通アクセスの利便性が高い。「早稲田」駅から東京メトロ東西線に乗れば「大手町」駅に約11分、「日本橋」駅に約13分でダイレクトアクセス可能。「西早稲田」駅からは東京メトロ副都心線利用で「新宿三丁目」駅に約4分、「池袋」駅に約5分、「渋谷」駅へ約12分でダイレクトアクセスできる。

「大塚」駅や「王子」駅方面に向かう都電荒川線「早稲田」停留場や、「新宿」駅や「上野広小路」方面へのバスが発着する「早稲田」停留所も近く、目的地によっては都電やバスの利用も便利だ。

新目白通りを走る都電荒川線
新目白通りを走る都電荒川線

身近にスーパーマーケットが充実

周辺には「ダイエー高田店・イオンフードスタイル」、「まいばすけっと 西早稲田3丁目店」、「Santoku 西早稲田店」などスーパーマーケットが多く、日常の買い物を身近で済ませることができる。「早稲田商店会」、「大隈通り商店会」、「早大通り商栄会」など昔ながらの商店街もあり、散策がてらの買い物も楽しい。古書店街があるのも、学生や研究者が行き交う街ならではの特徴だろう。

24時間営業の「ダイエー高田店・イオンフードスタイル」
24時間営業の「ダイエー高田店・イオンフードスタイル」

早稲田周辺は食の楽しみも豊富だ。「リーガロイヤルホテル東京」内の「日本料理なにわ」、「ホテル椿山荘東京」内の「みゆき」など上質な食事を堪能できる店もある。近年は「forucafe (フォルカフェ)本店」などおしゃれなカフェも増えている。ゆっくりと読書を楽しめる喫茶店が多いこともうれしい。

都内有数の文教地区

また、周辺には「早稲田大学」の「早稲田キャンパス」、「西早稲田キャンパス」、「戸山キャンパス」が広がり、アカデミックな雰囲気が漂う。「早稲田中学校・高等学校」が隣接しているほか、「戸山キャンパス」付近には「学習院大学」の付属校「学習院女子中・高等科」もあり、教育の選択肢に恵まれていることも魅力だ。

「早稲田大学 早稲田キャンパス」
「早稲田大学 早稲田キャンパス」

緑や文化、芸術に親しめるスポットも近い

「大隈庭園」、「椿山荘庭園」、「甘泉園公園」など緑に親しめるスポットも多い。とくにエリアの北側を流れる神田川沿いには散歩道が整備され、春には桜の名所としても親しまれている。「江戸川公園」など子ども連れに人気の公園も点在している。
「東京カテドラル関口教会」や「東京染ものがたり博物館」、「現代マンガ図書館」、「ユカイハンズ・ギャラリー」など多彩な文化、芸術に触れることができる場所もあり、思い思いの休日を楽しめるだろう。

山手線の内側とは思えないほど豊かな自然に溢れる「椿山荘」
山手線の内側とは思えないほど豊かな自然に溢れる「椿山荘」