特集レポート

個性ある3エリアを日常使い!早稲田・高田馬場・雑司が谷周辺を散策してきました

閑静でアカデミックな環境が広がりつつ、利便性の高さも魅力の西早稲田・高田エリア。それぞれに違った個性を持つ、早稲田・高田馬場・雑司が谷の3エリアを気軽に使いこなせる立地です。今回は現地を訪れ、周辺を散策してみました。

「鬼子母神堂」
「鬼子母神堂」

都電荒川線「面影橋」停留所すぐ近くに建設中の新築マンション「Brillia City西早稲田」。線路と並行して流れる神田川沿いは桜の名所として知られているため、春には桜並木がすぐという落ち着きあるロケーションです。散策を始め、物件から「新目白通り」を超えて徒歩5分ほどでまず到着したのは「甘泉園公園」。江戸時代には徳川御三家である尾張徳川家の拝領地となった経緯もある区立唯一の回遊式庭園で、大きな鯉が泳ぐ池と静かな森があり、山手線の中にありながら時間の流れがゆっくりと感じられます。園内には四季を通して様々な花が咲き、ツツジやアジサイの花、モミジの紅葉、冬の雪吊りなど、が楽しめます。

春には桜並木が美しい

「面影橋」
「面影橋」

散歩コースにもおすすめ

「甘泉園公園」
「甘泉園公園」


物件から半径500メートル以内にはスーパーマーケットなど買い物施設も揃います。深夜0時まで営業している「ダイエー高田店・イオンフードスタイル」、ディスカウントスーパー「オーケー高田馬場店」、吹き抜けの造りが印象的な「よしやセーヌ 目白高田店」、ドラッグストアの「ココカラファイン 目白高田店」は全て徒歩圏内。周辺には夜遅くまでオープンしているお店が多いので、仕事帰りでも利用できて便利です。
物件から徒歩1分のところには「スポーツクラブ ルネサンス 早稲田」もあります。先端の運動器具はもちろん、屋内にプールやテニスコート、ゴルフ練習場なども揃うという充実ぶり。ダンスや空手などのキッズスクールも充実しているので子どもの習い事にも利用できます。

スーパーも近くて困らない

「よしやセーヌ 目白高田店」
「よしやセーヌ 目白高田店」

スポーツを習慣に

スポーツクラブ ルネサンス 早稲田
スポーツクラブ ルネサンス 早稲田


物件の最寄り駅、都電荒川線「面影橋」停留所から2駅の「鬼子母神前」停留所付近が雑司が谷エリアです。この辺りには、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅もあります。物件からは整備されたきれいな坂を上っていくと徒歩7分ほどで着くことができます。この辺りには、おしゃれでレトロなカフェや、ゆったりと心を落ち着かせられる寺社仏閣が多いのが大きな特徴。今回はその中でもエリアを象徴するスポットの一つ「鬼子母神堂」へ向かいます。「鬼子母神」は安産・子安の神様として祀られていて、地域の人々に親しまれる祈りの場。境内には都指定天然記念物「大公孫樹(おおいちょう)」があるのに加え、秋になると「鬼子母神前」駅から参道に沿って続くケヤキ並木も見どころです。境内ではものづくりのお店が集う「手創り市」も定期的に開催されているのでぜひチェックして訪れたいところです。
また、雑司が谷の歴史や街について、さらに知りたい時には「雑司ヶ谷案内処」へ行くのがおすすめ。すぐ隣には、民家を改装して営業しているカフェ「キアズマ珈琲」があるので、こちらでのんびりとお茶を楽しむのもリフレッシュになりそうです。

多くの人で賑わう

「鬼子母神堂」で定期的に開催されている「手創り市」
「鬼子母神堂」で定期的に開催されている「手創り市」

静かな空間で落ち着く

「キアズマ珈琲」
「キアズマ珈琲」


「yurucafe」の「ユルカレー」
「yurucafe」の「ユルカレー」

「鬼子母神西参道商店街」や「明治通り」沿いには、カフェがその他にもたくさんあります。商店街にある「yurucafe」は軽食もランチも利用できるカフェレストラン。ココナッツミルクを加えたタイ風のオリジナルカレー「ユルカレー」が人気のメニューです。「zoshigaya miyabi」はカジュアルでありながら、丁寧につくられた上質なフレンチが楽しめるビストロ。シェフおすすめのワインも美味しく人気です。「明治通り」沿いには、うぐいす色のビルの2階に佇むベーカリー「うぐいすと穀雨」もあり、パンとコーヒーに加えて雑貨も販売されています。


「地球を旅するCAFE – Today is my life!」
「地球を旅するCAFE – Today is my life!」

「地球を旅するCAFE – Today is my life!」
「地球を旅するCAFE – Today is my life!」

「凸凹キッチン」
「凸凹キッチン」

続いては、物件から高田馬場エリアへ向かってみます。高田馬場エリアへは徒歩でたった6分ほど。この辺りは北に「学習院大学」、南に「早稲田大学理工学部」のキャンパスがあることから学生街の一面もありつつ、グルメの名店も多いエリアです。神田川を超えて早稲田通り方面に南下していくと、隠れ家的なお店が多いエリアがあります。例えば、「凸凹キッチン」は木の温もりを感じる内観がおしゃれなカフェ。パンケーキやボリューミーなチキンカツレツが人気メニューです。「地球を旅するCAFE – Today is my life!」は、地球を旅するように世界のお酒や食べ物を楽しめる、カフェ&バル。オーガニック素材にこだわるメニューやコーヒーは絶品です。多様な国籍の人々が集まる高田馬場エリアならではのお店ですね。「とんかつひなた」はロースとヒレのとんかつ定食を提供するお店。予約制の食べ比べコースがある人気ぶりで、この日もお店の前には長い行列ができていました。


物件からは早稲田エリアも神田川を超えればすぐ。早稲田エリアは私大で知られる「早稲田大学」の早稲田キャンパスがあり、文教エリアの落ち着いた雰囲気が漂います。明治通りを挟んで大規模な区立公園「戸山公園」もあります。箱根山地区と大久保地区に分かれている緑豊かな公園で、子どもが思い切り遊ぶことができる遊具も豊富。夏は「じゃぶじゃぶ池」で水遊びができ、園内では、屋外プレーパーク「戸山あそび場」も開催され、子どもを含めた地域の人々の交流の場としても利用されています。

アカデミックな街並み

「早稲田大学」
「早稲田大学」

自然に憩う

「戸山公園」
「戸山公園」


「早稲田通り」は広い歩道が整備され、歩きやすいフラットな道路。学生街、大学のキャンパスが近いという点もあり、古書店が並ぶ「早稲田古書店街」が広がっています。「さとし書房」、「照文堂書店」、「大観堂書店」など、それぞれの店舗が専門書、文学書、小説や雑誌、漫画など幅広い分野の書籍を取り扱っているのが印象的。どこか懐かしさを感じる店の佇まいも、あたたかみを感じ、ほっこりとした気分になります。通りには書店に加えて、洗練されたおしゃれなショップも点在。大学生専用の交流カフェ「知るカフェ早稲田大学前店」やビストロ「モンテ」、ブリュレフレンチトースト発祥のカフェ「ForuCafe (フォルカフェ)」など、食と時間を楽しめるお店もたくさん揃っています。

古書店が点在

「早稲田古書店街」
「早稲田古書店街」

おしゃれなカフェも

「Forucafe」
「Forucafe」


それぞれに個性ある早稲田・高田馬場・雑司が谷の3つの街。西早稲田・高田エリアはこれらを徒歩圏内で自由に使いこなせる立地が魅力であることがわかりました。この街では、落ち着きがありつつ利便性も享受できる生活が送れそうです。


発見ポイント!

のぞき坂からの街並み
のぞき坂からの街並み

  • (1)寺社仏閣が多く、レトロな雰囲気のある雑司が谷エリアでリフレッシュ!
  • (2)交通アクセスの良さも魅力。活気ある高田馬場エリアでグルメに舌鼓♪
  • (3)早稲田エリアはアカデミックな環境でありつつ、大きな公園もあり自然が身近!