多摩ニュータウン中心地らしい機能性と彩り豊かな環境を享受する多摩センターエリア

理想のまちを実現した多摩ニュータウン

多摩センターエリアのまちなみ
多摩センターエリアのまちなみ

多摩市は東京都多摩地区のほぼ中央に広がる。市域の多くは1965(昭和40)年から開発された多摩ニュータウンで、計画的に造られたまちならではの魅力がある。

とくに多摩センターエリアは多摩ニュータウンの中心でショッピング施設や文化施設などが集中し、都心にダイレクトアクセスできることからベッドタウンとして人気が高い。多摩ニュータウン内では基本的に歩行者と自動車の動線が分離され、緑豊かな公園が豊富なこともうれしい。

3駅3路線が利用可能、「新宿」駅へダイレクトアクセス

京王線・小田急線の「多摩センター」駅
京王線・小田急線の「多摩センター」駅

多摩センターエリアには京王相模原線「京王多摩センター」駅、小田急多摩線「小田急多摩センター」駅、多摩都市モノレールの「多摩センター」駅がある。これら3駅は近接しており、乗換駅としてもにぎわう。

「新宿」駅には京王、小田急の2路線でいずれもダイレクトアクセス可能。京王線の特急利用で最速32分、小田急線の急行利用で38分と所要時間も短い。京王線の一部列車は都営地下鉄新宿線と直通もしており、「市ヶ谷」駅や「神保町」駅にもダイレクトアクセスできる。小田急線は「代々木上原」駅の同一ホームで「霞ケ関」駅や「大手町」駅方面の東京メトロ千代田線と乗り換えでき、都心への移動もスムーズだ。京王線には「京王多摩センター」駅始発電車があるほか、座席指定列車「京王ライナー」もあり、座って移動できる。

多摩都市モノレールは「上北台」駅と「多摩センター」駅を結ぶ路線で、立川エリアなど多摩地域間の移動に便利だ。

京王相模原線の終点「橋本」駅にはリニア中央新幹線も停車する予定になっているほか、多摩都市モノレールは「多摩センター」駅から「町田」駅方面の延伸も検討されており、今後の利便性向上も期待できる。

「多摩センター」駅周辺の多彩なショッピング施設を使いこなす

人気の専門店が集まる「ココリア多摩センター」
人気の専門店が集まる「ココリア多摩センター」

多摩センターエリアには、多くの専門店が集まる「ココリア多摩センター」、「イトーヨーカドー 多摩センター店」などが入る「丘の上プラザ」など大規模ショッピング施設が集まり、買い物も便利だ。「京王多摩センター」駅内には「京王多摩センターSC」、「小田急多摩センター」駅内には「小田急マルシェ多摩センター」もあり、電車を利用した際の買い物などに便利だ。

「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」など近隣の大規模ショッピング施設も多い
「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」など近隣の大規模ショッピング施設も多い

さらに、京王相模原線「多摩センター」駅からで2駅先の「南大沢」駅北側には「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」、3駅先の「多摩境」駅周辺には「コストコホールセール 多摩境倉庫店」など大規模ショッピング施設がある。多摩都市モノレールで「立川北」駅で降りれば「伊勢丹 立川店」や「GREEN SPRINGS」、「IKEA立川」、「立飛」駅前には「ららぽーと立川立飛」などの人気のショッピング施設があり、休日の買い物の楽しみも多い。

魅力あふれるまちづくりの再整備が進む、緑豊かな多摩ニュータウン

「多摩センター」駅前のまちなみ
「多摩センター」駅前のまちなみ

多摩市は、多摩地域の市で最大の市立公園面積を誇り、市民1人あたりの市立公園面積は13.6平方メートルで、多摩都市部(奥多摩町、檜原村、瑞穂町、 日の出町を除く)の26市の中で最も広いため、都市公園面積が充実していることがわかる。また、多摩ニュータウンは、多摩丘陵の緑を保存するためのまちづくりとして、公園緑地、住宅内緑地のほか、総延長40キロメートルにもおよぶ歩行者専用道路(ペデストリアンデッキ)など、オープンスペースのネットワークが構築されていることも特徴だ。

芝生広場が心地よい「多摩中央公園」
芝生広場が心地よい「多摩中央公園」

なかでも多摩ニュータウンのシンボル的存在が「多摩中央公園」だ。
園内には、大きな池と芝生広場が広がり、2022(令和4)年7月にリニューアルオープンする「パルテノン多摩」、都市の緑化を推進していくためのみどりの拠点である「グリーンライブセンター」、市文化財の「旧富澤家」などが配置されている。現在、「多摩中央公園」とその周辺では、多摩ニュータウンの広域拠点・駅拠点としてふさわしい、魅力あふれるまちづくりを目指して、再整備事業が進行中。各施設の機能が拡充されるほか、一角には「多摩市立中央図書館」も開館予定で、多目的で訪れ楽しめる賑わいと憩いの場になるだろう。

ほかにも、春にはしだれ桜が美しい「鶴牧西公園」、ドラマのロケ地としても使われる「鶴牧東公園」、広い芝生広場がある「宝野公園」、釣りができる「中沢池公園」など特徴的な公園が多い。

このまちで気軽に文化やスポーツに親しむ

子どもだけでなく大人も楽しめる「サンリオピューロランド」
子どもだけでなく大人も楽しめる「サンリオピューロランド」

多摩センターエリアにはレジャースポットも豊富だ。「多摩センター」駅の南東に広がる「サンリオピューロランド」はハローキティをはじめとしたサンリオの人気キャラクターに会える屋内型テーマパークで、天候を気にせず楽しめるのもうれしい。

リニューアルで魅力を増した「パルテノン多摩」
リニューアルで魅力を増した「パルテノン多摩」

コンサートや演劇などに利用されている「パルテノン多摩」は、大規模改修を終え、2022(令和4)年7月にリニューアルオープン。大ホール、小ホールの設備が改良されたほか、「クラフトラボ・キッチンラボ」「こどもひろばOLIVE2022」「まちの情報ステーション」などが新たに設置され、地域のコミュニティ施設としての機能も拡充された。ほかにも、「多摩センター」駅南側にはシネマコンプレックス「イオンシネマ多摩センター」、プラネタリウム「ベネッセ・スター・ドーム」、展覧会のほかワークショップや公開講座なども行われる「多摩美術大学美術館」などがあり、多彩な文化に親しめる。

多摩センターエリアには温水プールなどを持つ「アクアブルー多摩」などスポーツ施設、「府中カントリークラブ」や「東京国際ゴルフ倶楽部」などゴルフコースもあり、身近で体を動かしてリフレッシュできる。天然温泉が楽しめる日帰り入浴施設「極楽湯 多摩センター店」なども老若男女で賑わっている。

加えて多摩センターエリアでは、春の桜まつりをはじめ、夏まつり、ハロウィンなどイベントも盛んだ。冬には「多摩センター」駅南の「パルテノン大通り」がイルミネーションで彩られる「多摩センターイルミネーション」も開かれる。

計画的に造られたまちならではの利便性がうれしい多摩ニュータウン。その中心地にある多摩センターエリアでは、とくに快適な暮らしを実現できるだろう。

多摩ニュータウン中心地らしい機能性と彩り豊かな環境を享受する多摩センターエリア
所在地:東京都多摩市 

あわせて読みたい。関連ページ