気軽に味わえる正統派ビストロ料理

SANS LE SOU(サン・ル・スー)

料理一例
料理一例

店名の「SANS LE SOU(サン・ル・スー)」は、“一文無し”を意味するフランス語だ。今から30年ほど前、シェフとマダムはフランス中を旅しながら各地のレストランで働いていた。どの店でもメイン料理を任されるまで信頼を得ていた一方、そのとき稼いだお金は、すべて食べ歩きに費やした。帰国時には、“サン・ル・スー”になっていたそうだ。

店内光景
店内光景

帰国から3年後の1995(平成7)年、「東京女子大学」の近くで、南仏の田舎町をイメージした小さな店を出し、2003(平成15)年6月に現在の場所に移転する。当時から大切にしていたのは、ビストロの領分から距離を置かない定番料理を提供することだ。流行を追わず、いつでも変わらない定番の味を届けたいというのがシェフの信念にある。

料理一例
料理一例

同店は3つのコースを用意している。おまかせアミューズブーシュ3種盛り合わせに始まり、ひとくちスープ、前菜、メインディッシュ(カスレ、ソーセージ・鴨のコンフィ・豚足・豚耳と白いんげん豆のオーブン焼き、熊本産シロアマダイのうろこ焼き、鴨もも肉のコンフィ ロケットとクレソンのサラダ添え、新潟産もち豚のロースト 3種のこしょう風味など)、デザート、食後の飲み物はリスト内から選ぶようになっている。

看板
看板

SANS LE SOU(サン・ル・スー)
所在地:東京都杉並区西荻南3-17-4 第2篠ビル 2F
電話番号:03-3247-1408
営業時間:15:00~〜22:00
※12月は16:00から(水・木・金曜日)
定休日:月・火曜日
https://www.sans-le-sou.com/

詳細地図

読み込み中