JA町田市賃貸版。町田市のおすすめ物件、都民住宅など農住ならではの賃貸物件をご紹介!

JA町田市賃貸版 042-795-1300042-850-9211
042-728-1911
メニュー
土日祝の営業に関するお知らせ 天候・積雪等により予告なく臨時休業させていただく場合もございます。お電話にてご確認ください。

「町田市日曜朝市」に行ってきました!

毎月の第一日曜日に、町田市木曽地区にある「町田市教育センター」のグラウンドを使って開催されている、「町田市日曜朝市」。こちらは毎月1回、朝の1時間だけという朝市なので、地域の住民以外にはあまり知られていない朝市ですが、そのぶんだけお客さんと農家の方の距離感が近く、ほとんどのお客さんは、毎回来ている常連さんだそうです。今回は2016(平成28)年5月1日に開催された朝市にお邪魔してみました!

会場の「町田市教育センター」校庭会場の「町田市教育センター」校庭

会場となっている「町田市教育センター」は、廃校になった小学校を使った市の文化施設。その校庭の一角を使って朝市が開催されています。朝7時前、校庭に軽トラックが並び始めると、待ち構えたようにお客さんも集まってきます。開店前にはすでに、駐車場に何台もの車が開場を待っていました。最初の10分、20分は朝市がいちばん賑わう時間。あっという間に、半分以上の野菜が無くなってしまいます。

地元の人が訪れている地元の人が訪れている

出店しているのは、町田市の認定農業者連絡協議会の朝市部会の方々。それぞれ市内のいろいろな地域で農業を生業としており、月に1回の朝市は、地元の方々に向けての“顔見せ”のようなものとか。美味しいものを地元の方々に食べてほしい、農産物を買う方の笑顔に出会いたい、そんな思いが、この朝市を動かしています。

生産者と消費者の距離の近さが魅力生産者と消費者の距離の近さが魅力

月に1回、1時間という開催日について、毎回参加している農家の方に聞いてみたところ、「生産者は作るのが仕事だから、なるべく負担にならないように、ずっとこのペースでやっているんです」とのお話。無理をせず、無理を言わず、生産者と消費者がお互いを思いやることで、この朝市は成り立っています。
この朝市が農産物の直売所と違うのは、販売する人が、イコール、生産者であるということ。いわゆる「ファーマーズマーケット」ですが、この野菜はどうやって作ったとか、どんなところが大変だったとか、どんな料理がお薦めだとか、そんな話に花を咲かせるのも、朝市ならではの楽しみです。

みずみずしい採れたての農産物が並ぶみずみずしい採れたての農産物が並ぶ

並んでいるのはその時が旬の野菜たち。この日はたけのこ、玉ねぎ、長ねぎ、大根などを並べている人が多くいらっしゃいましたが、中には野菜の苗や、手作りのジャムを売っている人も。どの農産物も、その日の朝か前日の夕方に収穫したものばかりです。ただ、この日は連休中ということで、特産品を売る人がほかのイベントに出払ってしまったとか。普段の朝市には、もっと沢山の店が出るそうです。

手作りの加工品も手作りの加工品も

多くても十数台という、小さな、町田の“軽トラ朝市”ですが、地元で作った野菜を作った人の手から買えるというのは、とてもワクワクするものですね。開催日については町田市のホームページや広報誌にも掲載されているので、ぜひチェックして、早起きして出かけてみてくださいね!

「町田市日曜朝市」に行ってきました!
所在地:東京都町田市 

メニュー