新駅と都心、都心と海外の結節点

虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー)

虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー)
虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー)

東京メトロ日比谷線に開業予定の新駅「虎ノ門ヒルズ」駅は、現在建設が進められている「虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー)」に直結する。地上36階、地下3階、高さ183メートルの高層ビルとして建設が進められており、内部は5階から上がオフィスに、4階は「イノベーションセンター」が整備されるほか、1階は都心と空港を結ぶリムジンバスや次世代交通システムなどが発着するターミナルになる予定で、都心と湾岸エリアを結ぶ新たな交通の要衝となることが期待されている。

虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー)
所在地:東京都港区虎ノ門1 

読み込み中