羽田空港を望む多摩川沿い全長1.1kmの緑地

ソラムナード羽田緑地

平成31年4月に羽田空港跡地第2ゾーン内に誕生した「ソラムナード羽田緑地」。多摩川に沿う、面積約15,000平方メートル、全長1.1kmの広々とした緑地だ。

「ソラムナード羽田緑地」
「ソラムナード羽田緑地」

「ソラムナード」とは、羽田空港を象徴する「空(ソラ)」とフランス語で散策路を意味する「プロムナード」の造語。「歩いていて心地のよい空と散歩道が調和するような場所になるように」との意味が込められている。その名の通り、散策路には川からの心地よい風が通り、気持ちよく散歩したりジョギングしたりすることができる。周囲の植栽は、四季折々の景色も楽しませてくれる。休憩施設でゆっくりと腰を降ろしているだけでもいいだろう。

ソラムナード羽田緑地
ソラムナード羽田緑地
ソラムナード羽田緑地から見た羽田空港方面
ソラムナード羽田緑地から見た羽田空港方面
 「ソラムナード羽田緑地」の展望テラスは、「羽田空港」を離発着する飛行機をビルなどに視界を遮られることなく眺めることができるとあって、飛行機好きでなくとも誰もがわくわくする展望スポットだ。東京湾方面から昇ってくる日の出や、多摩川上流方面へち沈んでいく夕日なども望むことができる。

計画中の公園を含む周辺地図
計画中の公園を含む周辺地図

なお、羽田空港の跡地では着々と開発が進み、2020(令和2)年夏には「HANEDA INNOVATION CITY」が誕生。そしてその「HANEDA INNOVATION CITY」の南側、多摩川と挟む場所に都市計画公園の整備も検討されている。完成すれば川沿いにさらに300m近くの憩いの場所が延びることになる。

ソラムナード羽田緑地
所在地:東京都大田区羽田空港2-8-1 

詳細地図