現代の宿泊ニーズに応える都市型の旅館

ONSEN RYOKAN 由縁 新宿

医大通りでひときわ目を引く、和の趣あふれる建物
医大通りでひときわ目を引く、和の趣あふれる建物

2019(令和元)年にオープンした「ONSEN RYOKAN 由縁(ゆえん) 新宿」は、「旅館の本質を編集する」をコンセプトに、現代の宿泊ニーズや環境に適した都市型の旅館だ。いかにも旅館といった佇まいの平屋建ての建物にはロビーとレストラン、奥にある近代的なビルに全193の客室を備えている。「新宿三丁目」駅と「新宿御苑前」駅からいずれも徒歩10分弱という都心にありながら、展望露天風呂で箱根の湯を楽しめるのが大きな魅力だ。

入口の数寄屋門が、旅館らしい風情を醸し出す
入口の数寄屋門が、旅館らしい風情を醸し出す

手水鉢など伝統的な和のしつらえが施されたアプローチを抜けて館内に入ると、季節に合わせた生花と、控えめに焚かれるお香の香りに迎えられる。季節ごとに替わるオリジナルのBGMが流れるフロントで受け取るのは、ぬくもりを感じられる竹製のカードキー。細部にもてなしの心がさりげなく散りばめられていて、心地良い。

空間を贅沢に使った、約20mのアプローチ
空間を贅沢に使った、約20mのアプローチ

全客室の半数以上を占める「セミダブルルーム」
全客室の半数以上を占める「セミダブルルーム」

7タイプある客室はすべて、靴を脱いで上がる小上がりスタイル。ビジネスホテルのようなコンパクトな造りでありながら、すべての部屋には浴衣や雪駄が用意され、旅館らしい雰囲気を味わえる。最もスタンダードな「セミダブルルーム」は、シャワールームとトイレ付きで1泊11,000円~(2名利用時。1名利用時は9,000円~)。雪見窓にヒントを得たという幅2mの窓からは、ベッドに腰かけても寝転んでも景色がよく見える。

広がりのある景色を存分に楽しめる、横長の窓
広がりのある景色を存分に楽しめる、横長の窓

区内在住者の利用も多く、今年は宿泊者の半数以上が近隣在住者だった時もあったという。家族で訪れてゆったりと余暇を楽しむ人が多いそうだ。また、ビジネスホテルの価格で気軽に旅館を体験できるとあって、旅館になじみのない若者からも好評だ。

目隠しされた内湯の窓からも、湯舟に浸かりながら景色を眺められる
目隠しされた内湯の窓からも、湯舟に浸かりながら景色を眺められる

箱根の温泉を堪能できる展望露天風呂
箱根の温泉を堪能できる展望露天風呂

新宿の高層ビル群を一望できる宿泊者限定の大浴場があるのは、最上階の18階。ヒノキと御影石を使った浴槽からは、新宿副都心のきらめく夜景を眺められる。季節によって、菖蒲湯やゆず湯が用意されることもある。露天風呂のお湯は、箱根「小田急 山のホテル」の自家源泉から運ぶ温泉だ。湯上がりは、無料のアイスキャンディーを楽しみながらラウンジでくつろげる。混雑具合を事前にアプリで確認できるのも嬉しい。

ラウンジからの眺めも良い
ラウンジからの眺めも良い

1階にある和食レストラン「夏下冬上(かかとうじょう)」は、宿泊客以外も利用可能。夕食は全8品のコースが6,600円から(利用は2名から)。日本人ならではの四季への繊細な感性を活かした、鉄板料理と天ぷらを食べられる。

ONSEN RYOKAN 由縁 新宿
所在地:東京都新宿区新宿5-3-18 
電話番号:03-5361-8355
チェックイン15:00~ チェックアウト〜11:00
https://ryokan-yuen.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ