開園52年の歴史と実績に基づく保育を実践

調布市立金子保育園

開園は昭和42年と長い歴史ある保育園
開園は昭和42年と長い歴史ある保育園

調布市の保育園の中でも長い歴史がある公立保育園「調布市立金子保育園」。「つつじヶ丘」駅南口から徒歩8分程の静かな住宅街の一角に所在し、穏やかで親しみやすい佇まいが印象的な園。定員100名の園には0歳から5歳までの児童が通園しており、遊具のある庭園でいっぱいに体を動かしたり、友達と一緒にいろいろな体験をしながら日々すくすくと成長する姿が見られる。

廊下には、園内の雰囲気をさらに明るくするステンドグラス
廊下には、園内の雰囲気をさらに明るくするステンドグラス

白壁にやさしい淡いグリーンの屋根の洋風の外観。温かみを感じる木製の廊下にはステンドグラスが貼られ、晴れた日には窓からの暖かな日差しが差し込み、室内をはじめ園全体を明るく包み込む。この雰囲気のよい園内で、「仲間とともに元気に遊び、思いやりの心が持てる子ども」を目標に、園児一人ひとりの個性に寄り添いながら、生活リズムや学びを身につけるための保育が実践されている。

楽しくお絵描きや人形遊びができる、木の温もりを感じる教室
楽しくお絵描きや人形遊びができる、木の温もりを感じる教室

保育プログラムは、「基本的生活習慣」「食育活動」「設定保育」「異年齢児交流」「園庭遊び」の5つのプログラムから構成。各年齢に合わせて計画されたカリキュラムの中で、園児たちは主体性や豊かな感性、人と関わる力、そして自己選択・自己決定の大切さ等を学んでいく。具体的な保育内容としては、日々のお散歩や遊び、入卒園式に運動会、遠足やクリスマス会等のシーズンイベントの他、毎月行事として誕生会や身体測定、避難訓練を行っている。こうした保育の中で園が重視しているのは、コミュニケーション。活動の中で積極的に言葉をかける等、園児たちが相手の気持ちに寄り添い、思いやるといった人間の基盤を培うための支援を指導を通して実践している。

夏はプールを設置して思いきり遊べる屋上テラス
夏はプールを設置して思いきり遊べる屋上テラス

また、こうした保育の中で園児たちが園内で安心して遊び、学び過ごすためにも環境づくりは大切。当園では日々の清掃はもちろん、給食では子どもの発育に必要な栄養とバランスを考えて栄養士が献立を作成し、できるだけ国産の旬食材を使った薄味での調理を心掛けている。さらに身体測定、歯科検診、医師による健康診断等もしっかり実施することで、衛生管理をはじめ食事面や健康面の徹底した管理を行っている。

園庭にある遊具は、遊び盛りの園児たちに大人気
園庭にある遊具は、遊び盛りの園児たちに大人気

丁寧な保育や環境づくりに加え、昔からこの地域に根付いてきたという歴史も、保護者から信頼感と親しみを感じてもらえているひとつの理由。「経験豊富な職員も多いので、保護者の方はもちろん、まわりの新しい保育園関係者も気楽に相談や交流に来られる場所でありたい」と語る丸山園長。今までもこれからも、子ども達を見守りながら地域とともに歩み続ける保育園だ。

調布市立金子保育園
所在地:東京都調布市西つつじケ丘4-16-7 
電話番号:042-483-4410
定員:100名
入園対象:生後3ヵ月~就学前
開園時間:7:00~19:00
延長保育:あり(18:00~19:00)
休園日:日曜日、祝日、年末年始 ほか
https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/cont..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ