世界一認定プラネタリウムが人気の博物館

多摩六都科学館

多摩六都科学館
多摩六都科学館

小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市が運営する体験型ミュージアム。 世界一に認定されたプラネタリウムや、観察・実験・工作など子どもの知的好奇心を刺激するさまざまな展示が用意されている。

基本理念は【科学と人間の調和を目指す】【文化としての科学を追求する】【専門性とエンジョイメントの両立を図る】【地域コミュニティーの生涯学習拠点となる】【徹底した利用者中心を追求する】の5つ。ミッションステートメントに「多様な学びの場の創出」「地域づくり」を掲げている。

プラネタリウム、シアター全景
プラネタリウム、シアター全景

「多摩六都科学館」の代名詞と言っても過言ではない設備の1つが世界一に認定されたプラネタリウムだ。直径27.5メートル、世界最大級の大きさを誇る「サイエンスエッグ」は足元から頭上まで星空や映像に包まれる傾斜型のドームである。投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」は1億4000万個を超える星々を映し出し、最も多くの星を投映するプラネタリウムとして世界一に認定されている。大型スクリーンには微細な星の輝きが広がり、奥行き感のあるリアルな星空を楽しめる。季節ごとに移り変わる明るい星々や星座に合わせて語られる生解説は2ヶ月ほどでテーマが変わるため、定期的に利用したい。

投映イメージ
投映イメージ

プラネタリウムの他にも多彩な展示がそろう。「チャレンジの部屋」は力や重さ、光を感じたり、宇宙の不思議を体験したり、頭と体をつかって科学を身近に楽しめる。「からだの部屋」は見る、聞く、触る、嗅ぐといった感覚ゲームに挑戦したり、体のつくりを再発見できる部屋。(※感覚ゲームは現在、一部休止中)

リニアモーター(展示室3「しくみの部屋」)
リニアモーター(展示室3「しくみの部屋」)

この他にも機械が動くメカニズムや、電気・水などを届けるシステムを学べる「しくみの部屋」、武蔵野に生息する生物や自然環境をわかりやすく紹介する「自然の部屋」など一日中楽しむことができる。

知的好奇心をくすぐる展示の数々(展示室4「自然の部屋」)
知的好奇心をくすぐる展示の数々(展示室4「自然の部屋」)

お弁当を食べられる休憩室や、麹と地元野菜を使った手作りごはんや創意工夫を凝らしたオリジナルスイーツをいただけるカフェも併設されている。子育て世代は積極的に利用したい素敵な科学館だ。

ゆっくりくつろげるカフェも併設
ゆっくりくつろげるカフェも併設

多摩六都科学館
所在地:東京都西東京市芝久保町5-10-64 
電話番号:042-469-6100
開館時間:9:30~17:00(最終入館16:00)※夏季の一部期間は17:30閉館
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始 ※保守点検等、臨時休館あり
https://www.tamarokuto.or.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ