約200種類の日本酒に囲まれて立ち呑みができる

桑原商店

「桑原商店」立ち飲みのイメージ
「桑原商店」立ち飲みのイメージ

JR「五反田」駅から徒歩5分ほどの場所にある「桑原商店」は、1915(大正4)年創業、1世紀以上の歴史を持つ酒屋である。2018(平成30)年、には酒屋の倉庫をリノベーションし、約200種類の日本酒と、約30種類のクラフトビール、全国各地から取り寄せた食品などを購入することができる店舗へと生まれ変わった。

「桑原商店」外観
「桑原商店」外観

店内に入ると、一般のよくある酒屋とは一線を隠す洗練された空間が広がる。一面ガラス張りの大型冷蔵庫はまるでショーケースのよう。冷蔵推奨の日本酒が並ぶ景色は壮観だ。通年4℃固定で徹底した品質管理を行っており、季節ごとにその様相は変わる。おうち時間が増える毎日だからこそ、家で美味しいお酒を飲みたい。そんな人にとっては大変心強い酒屋、足繁く通うことになるだろう。

きっと好みの日本酒が見つかるはず
きっと好みの日本酒が見つかるはず

ネオン管を始め、店内で用いられる掲示物や値札、包装資材など隅々まで統一したデザインとなっているほか、店内の空間構成は「スキーマ建築計画」が手がけており、家族みんなで作った路地裏に佇むあたたかみを感じる店舗となっている。「アートを楽しむように日本酒を愉しむ」をコンセプトに、酒蔵をアーティスト、日本酒をアート作品、店内をギャラリーに見立てているという。訪問の際には「グッドデザイン賞2021」を受賞したアートな面にも触れてみてほしい。

ひっそりと佇むアート作品にも注目
ひっそりと佇むアート作品にも注目

「桑原商店」のもう一つの楽しみ方、それが立ち飲みだ。約40種類の日本酒やクラフトビールを店内で調理した肴とともにキャッシュオンスタイルで、カジュアルにいただくことができる。日本酒は各地の限定されたものがそろっており、30mlの少量から興味のあるものを飲み比べすることが可能。日本酒のビギナーから上級者までが楽しめる。また、海外からの訪問客も多いというから驚きだ。日本酒の銘柄は週によって変わるため定期的に足を運んでお気に入りの銘柄を見つけたい。酒の肴は縁のある地域や生産者から届いた食材を使用したこだわりのメニューが用意されている。1人飲みはもちろん、仲間と共に楽しくお酒が呑める「桑原商店」、このエリアを訪問する際にはぜひとも利用したい。

桑原商店
所在地:東京都品川区西五反田2-29-2 
電話番号:03-3491-4352
営業時間火〜土曜日12:00〜21:00(飲食は17:00〜20:30L.O.)、月曜日12:00〜18:00(小売りのみ)
定休日:日曜日、祝日、年末年始など
http://to-plus.jp/

詳細地図

読み込み中