有明エリアに暮らす共働きファミリーの平日

マンションからの眺め

りんかい線「国際展示場」駅とゆりかもめ「有明」駅を最寄りとし、東京や汐留、品川へも近い便利な街、有明。今回はそんな有明エリアで生活する、ある子育てファミリーの平日の暮らしをご紹介します。

時計

7:00

起床、朝食(夫)

週に3日は、妻が起きてくる前に朝食を準備する。パンケーキにエスプレッソ、子どもにはホットミルクという簡単なメニューを用意。自宅は最寄りの「国際展示場」駅に近く、会社がある「東京」駅まで最速12分でアクセスできるので、食事の支度にもゆとりをもつことができる。

時計

8:15

家族で出発(妻)

食事で汚れた食器は、ビルトインの食洗機で自動洗浄。そのあとは夫婦で手分けして子どもと自分たちの身支度を済ませる。二人とも出勤時間に余裕ができたので、夫婦一緒に家事や育児ができてとても助かっている。

時計

8:30

出勤(夫)

「国際展示場」駅

子どもを保育園に送り届けた後、妻とは駅前で別れ、りんかい線「国際展示場」駅へ。自分の職場は「東京」駅すぐのオフィスビル。「新木場」駅で乗り換え、トータルでも19分の行程はとても短く感じる。

時計

17:00

退勤(妻)

image photo

定時で仕事を切り上げ、退社。今日の子どものお迎え当番は私なので、気持ち足早に最寄駅に戻る。

時計

18:00

ナーサリーの子どもをピックアップ(妻)

image photo

職場から自宅までの距離が近いので、時間に遅れることなく、いつも余裕を持って子どもを迎えに行けるのが嬉しい。帰りの道すがら、今日一日の出来事を話しながらゆっくり帰宅する。

時計

19:00

夫も買い物がてら帰宅(夫)

「文化堂 有明店」

会社を退勤したあと、最寄駅手前で降りて、スーパー「文化堂有明店」を経由して帰ってくるのが最近の日課。ここは夜10時まで営業しているので、少し仕事で遅くなった時でも便利に利用できるので助かっている。今日は妻に頼まれた特売の魚を買った。

時計

19:30

夕食

image photo

これまで忙しない生活を送っていたが、有明に引っ越したことで時間にゆとりができ、こうやって家族揃って食卓を囲めるという喜びもすごく感じるようになった。子どもは今まで食べられなかったおかずに挑戦したり、ごはんをおかわりしたりと、どんどん成長している。そんな姿を日々見守れるのも嬉しい。

時計

22:30

夫婦の団欒、就寝

image photo

子どもを寝かしつけた後は夫婦団欒の時間。夫婦ともに子育てをしながら働いているが、自宅が職場に近いこともあり、あまりばたばたしない落ち着いた日々が送れている。この家に引っ越してから、たっぷり眠ったり、ゆっくりご飯を食べる時間ができ、心に余裕ができたような気がする。

<一言>

都心に近い、というより、住まいのある場所自体が都心とも言える江東区有明エリアの暮らしは、思ったよりも時間に追われることのない、ゆったりした毎日だという印象です。空も海も広い気持ちの良い環境も影響しているのかもしれませんね。

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。