周辺散策レポート

ファミリーにとって最適な住環境が広がる『ジオ練馬北町』の周辺を散策してきました!

東武東上線「東武練馬」駅から徒歩約8分の好立地にある『ジオ練馬北町』。主に、駅から旧・川越街道沿いに軒を連ねる商店街の道を歩くことになるので、夜道でも安心です。『ジオ練馬北町』の南側は田柄緑道が旧・川越街道と並行する形で続いているので、天気の良い日や、ちょっと気分を変えたい時には、田柄川緑道沿いに緑を楽しみながらあるいても2分程度の差で駅に到着できます。そんな歴史と自然に囲まれた『ジオ練馬北町』周辺エリアを、満開の桜のもと、散策してみました。

地元で花見を楽しめる「田柄川緑道」
地元で花見を楽しめる「田柄川緑道」

「東武練馬」駅のホームに降り立つと、向かいホームの看板に、耳鼻咽喉科「まちの医院」、「医療法人社団純友会 町田産婦人科」、それぞれ内科・小児科が診療科の「黒川内科医院」「宮田クリニック」などの看板が並んでいて、医療機関が充実していることと、小児科があることから子育て世帯が多いエリアなのが感じられました。
駅北側に隣接している「徳丸スクエア」はファストフードやファミレスなどの飲食店をはじめ、歯科、保育所が入居していて、日常での使い勝手が良さそうです。
さらに、駅からも見える大きな「イオン板橋SC」の建物までは徒歩約1分。食品売場は24時まで営業しているので、共働き家庭でもリーズナブルに日々の食材を調達できます。専門店も充実しているので、さまざまなものが揃えられそうです。5階には映画館「イオンシネマ板橋」があるので休日のレジャースポットにもなります。また、「東武練馬中央病院」もあり、近くに救急医療機関があるのも心強いですね。

「東武練馬」駅北口直結

複合商業施設「徳丸スクエア」
複合商業施設「徳丸スクエア」

5階には
「イオンシネマ」も

「イオン板橋SC」は北口徒歩約1分
「イオン板橋SC」は北口徒歩約1分


一方、『ジオ練馬北町』がある駅の南側には、駅前スーパーマーケット「フエンテ練馬」があり、こちらも営業時間が朝6時から深夜2時までと、買い物には困らない環境となっていました。さらに、旧・川越街道沿いには、東は「北一商店街」、駅前は「きたまち商店街」、西は「ニュー北町商店街」と3つの商店街が続いており、「きたまち商店街」では毎年7月に「きたまち阿波踊り大会」が開催され、多くの人で賑わうそうです。

深夜2時まで営業

「東武ストア フエンテ練馬店」は南口すぐ
「東武ストア フエンテ練馬店」は南口すぐ

旧・川越街道沿い

駅周辺は「きたまち商店街」エリア
駅周辺は「きたまち商店街」エリア


『ジオ練馬北町』へは、そんな旧・川越街道沿いの商店街を西へ約6分進み、南方向に左折した場所にあります。途中には、便利な100円ショップ「meets.」も発見しました。また、旧・川越街道から南へ約70メートルの場所に「北町地区区民館」もあり、こちらは子育て支援や交流、児童向け講座を実施しているほか、地域情報のチラシなども館内に置かれているので、情報収集や地域コミュニケーションに利用できそうです。
「北町地区区民館」近くに煙突が見えたので行ってみると、井戸水を薪で沸かすことで柔らかいお湯を楽しめる、1955(昭和30)年創業の「北町浴場」がありました。浴室には、国民的アイドルグループ「嵐」の大野智さんが描いた富士山のペンキ絵があり、ファンにとっての聖地となっています。

子育て支援イベントも
開催

地域の交流スポット「北町地区区民館」
地域の交流スポット「北町地区区民館」

青空に湯を沸かす煙が

1955(昭和30)年創業の「北町浴場」
1955(昭和30)年創業の「北町浴場」


再び、旧・川越街道沿いに歩いていくと、今度は右手から子どもたちのはしゃぐ声が聞こえてきました。東武鉄道に隣接した場所にある「区立北町上宿公園」です。かつては江戸や川越を目指す多くの旅人や、交通運搬のための馬が通る宿場町として栄えたこの地は、それぞれ上宿・中宿・下宿と呼ばれ、北町二丁目付近は上宿と呼ばれていたことから名付けられた公園名だという説明書きが掲げられていました。さらに進むと、「まいばすけっと 練馬北町2丁目店」があり、『ジオ練馬北町』からは3分とかからない場所にあるので、買い物忘れやちょっとした買い足しが必要な時にも使えそうです。

大型遊具も充実

電車が見える「区立北町上宿公園」
電車が見える「区立北町上宿公園」

駅近には「東武練馬駅南口店」も

「まいばすけっと 練馬北町2丁目店」
「まいばすけっと 練馬北町2丁目店」


旧・川越街道を左折し、「田柄川緑道」の方向に進むと、住宅街に1軒だけカラフルな建物が建っていました。こちらは、1950(昭和25)年創業の「ニッカー絵具」で、水彩絵具やポスターカラー、アクリックガッシュ、水性カラー、デザイン用品などを取り扱っている会社です。「虫プロ」が練馬区にあった時代、アニメ「鉄腕アトム」を皮切りに現在はスタジオジブリの作品など、日本アニメを自社の画材で支えてきた実績を持っています。そこからほどなく歩くと『ジオ練馬北町』に到着します。また、物件の南側は「田柄川緑道」と隣接しており、「城北中央公園」から「光が丘の秋の陽公園」までの全長4.7キロメートルの遊歩道の間にあります。緑道の周りには桜やこぶし、クヌギなどが植えられており、とくにこのエリアは桜が多く、春は花見客で賑わいます。緑道のベンチやカーブした場所でお弁当を広げて花見を楽しむ人たちを多数見かけました。中には散歩やランニングを楽しむ人の姿も。

『ジオ練馬北町』の
斜め向かい

日本アニメを支える「ニッカ―絵具」
日本アニメを支える「ニッカ―絵具」

『ジオ練馬北町』の
南側は緑道

地元で花見を楽しめる「田柄川緑道」
地元で花見を楽しめる「田柄川緑道」


『ジオ練馬北町』周辺には教育機関も多数点在しています。通学区の「練馬区立北町中学校」までは徒歩約2分。ちょうど地元の少年野球チーム「北町ファイヤーズ」の試合で盛り上がっていました。「練馬区立北町保育園」には徒歩約3分、国道254号沿いにある「練馬北町すずらん保育園」も5分以内、さらに「東武練馬」駅から『ジオ練馬北町』に向かう途中の旧・川越街道沿いにも練馬区認可小規模保育園「フレンドキッズランド 東武練馬園」を見かけました。共働きで小さなお子さんを育てるファミリーには住みやすい環境だと思われます。また、通学区の小学校は「練馬区立北町小学校」で、「田柄川緑道」沿いに東へ徒歩約10分の場所にあります。

物件から100メートル
圏内には

定員80名の「練馬区立北町保育園」
定員80名の「練馬区立北町保育園」

地元少年野球チーム
の試合中

広い校庭を擁する「練馬区立北町中学校」
広い校庭を擁する「練馬区立北町中学校」


満開の桜のもと、「田柄川緑道」沿いに「練馬区立北町小学校」へ。「練馬区立北町小学校」までの道は、ベビーカーを押す人や、車椅子での花見を楽しむお年寄りもいらっしゃるくらい、整備された遊歩道となっています。
緑道が続く「北町小学校」の北側には、「徳川綱吉御殿跡」と書かれた石碑がありました。徳川家五代将軍・綱吉は、若い頃に脚気を患い、下練馬村に御殿を建てて療養した際、尾張の国から大根の種子を取り寄せ、土地の百姓に栽培させました。それが練馬大根です。その大根によって病が治ったことから、その後もこの地から献上させて諸大名にも振る舞ったことで、練馬大根は全国的に知られるようになったと言われています。小学校近くにある「練馬区立北町ふれあい公園」は、児童公園としての機能だけでなく、大人向けの健康遊具、さらには災害時のための防火水槽や「マンホールトイレ」「竈ベンチ」なども整備されています。こうした公園が近くにあるのも“もしもの時”の安心につながっています。

徳川綱吉御殿跡

田柄川緑道沿いにある「練馬区立北町小学校」
田柄川緑道沿いにある「練馬区立北町小学校」

大人向け健康遊具もあり

住宅街にある「練馬区立北町ふれあい公園」
住宅街にある「練馬区立北町ふれあい公園」


「北町小学校」「北町ふれあい公園」から、旧・川越街道のある北方向に進むと、そこは3つの商店街の内、一番東にある「北一商店街」エリア。毎月第1土曜日には「北一みのり市」が開催されています。「北一商店街」「きたまち商店街」「ニュー北町商店街」、3つの商店街では「宿場のポイントカード」加盟店を募り、小判型の地域通貨「北町小判」をスタートするなどして、下練馬宿の歴史を今に伝えると共に、地元商店街の活性化を図っています。

旧・川越街道の
宿場町の名残が

駅から東方向には「北一商店街」
駅から東方向には「北一商店街」

浅間神社境内

練馬区有形民俗文化財「下練間の富士塚」
練馬区有形民俗文化財「下練間の富士塚」


富士塚の北側には「北町あおば公園」、旧・川越街道を挟んで南側には「ローヤル洋菓子店」があります。「ローヤル洋菓子店」は、練馬区に因んだ商品「ねりコレ」の名店として知られており、練馬北町の乙女をイメージした「きたまちおとめ」や、川越街道をイメージして作られた「川越街道オムレツ」は人気商品となっています。また、北町二丁目交差点近くの「Sorka Norka(ソルカノルカ)」も人気のベーカリーです。全てのパンは12時間から18時間の長時間をかけて低温発酵で丁寧に作られていて、ハード系をはじめ、スイーツ系、惣菜パンなど、70種類以上とバリエーションも豊富。他のエリアから来店する人もいるとのことでした。

イートインOK!

「ねりコレ」にも選ばれた「ローヤル洋菓子店」
「ねりコレ」にも選ばれた「ローヤル洋菓子店」

北町二丁目交差点そば

人気のベーカリー「ソルカノルカ」
人気のベーカリー「ソルカノルカ」


『ジオ練馬北町』周辺には、快適な日々の暮らしをサポートしてくれる施設はもちろん、歴史ある旧街道、四季が感じられる緑道、地域の人たちに愛される名店などを楽しめる魅力あふれる環境が広がっていました。気になる人は、ぜひ実際に街を訪れて確かめてみてくださいね!


発見ポイント!

「田柄川緑道」から「北町小学校」を望む
「田柄川緑道」から「北町小学校」を望む

  • (1)駅周辺の大型商業施設や飲食店に加え、旧・川越街道沿いには地元商店街が続く
  • (2)田柄川緑道は四季を感じられ、散歩やランニングも楽しめる市民の憩いの場になっている
  • (3)公共施設、教育施設のほか、産婦人科や小児科、歯科などの医療施設も充実