日本初のフルーツパーラーを擁した"果実専門店"

銀座千疋屋

「銀座4丁目」交差点から晴海通りを数寄屋橋方面へ歩いて左手側、「銀座千疋屋」は、日本で最も有名な果物専門店「千疋屋」の暖簾を引き継ぐ老舗のひとつ。「千疋屋」は日本橋(総本店)、京橋、銀座の主に3系統に分流して現在に至るが、その中でも、もっとも小規模なのが「銀座千疋屋」である。

銀座千疋屋
銀座千疋屋

「銀座千疋屋」のビルは、1階は「フルーツショップ」として果物、ケーキ、ゼリー、贈答詰め合わせなどの物販フロアとなっており、旬の果物の中でもとりわけ厳選したものを並べている。中でも、同店のシンボルであるマスクメロンについては、「一茎一果」で丁寧に栽培されたものが、年中いつでも並んでいる。1玉1万円を超えるものもあるが、これを目当てに訪れるお客さんは多い。

銀座千疋屋
銀座千疋屋

果物のチョイスに関しては、特別に果物に精通したスタッフが産地に赴き、もしくは青果市場に早朝から足を運び、実際に食味を確認し、こだわり抜いて仕入れたものだけが店頭に並ぶ。「銀座千疋屋」においては、「味・色・香り」の3つを特に大切にしているそうだ。

銀座千疋屋
銀座千疋屋

2階と地下1階は、フルーツを使ったメニューを食べられるカフェ、「フルーツパーラー」となっており、特に通りを見下ろす2階窓際席の人気が高い。今でこそ「フルーツパーラー」という呼び名もすっかり有名になっているが、その元祖は千疋屋だ。

銀座千疋屋
銀座千疋屋

フルーツパーラーの三大看板メニューは「銀座パフェ」「フルーツサンド」「フルーツポンチ」。「銀座パフェ」は数あるパフェの中でも“全部入り”と言えるもので、旬の果物を中心に組み合わせている。グラスの中には自家製シャーベットがたっぷり入り、甘さ控えめのクリームとカットフルーツが添えられ、銀座らしい上品な味わいとなっている。

銀座千疋屋
銀座千疋屋

「フルーツサンド」はこのクリームをを“つなぎ”に、リンゴやイチゴなど、薄くスライスした果物をサンドしたもの。ソフトなパン、甘酸っぱいイチゴ、シャキシャキとしたリンゴなど食感の楽しさが印象的な逸品で、食べごたえも十分あるため、男性にも好評だとか。

銀座千疋屋
所在地:東京都中央区銀座5-5-1 
電話番号:03-3572-0101
営業時間:フルーツショップ 10:00~20:00※日曜日、祝日は11:00~18:00、フルーツパーラー2F 11:00~20:00※日曜日、祝日は11:00~19:00(B1Fは11:00~17:00)
定休日:無休
http://ginza-sembikiya.jp/

詳細地図