二人のコックが作るおしゃれイタリアン

Cuoca e Cuoco(クオーカ エ クオーコ)

「Cuoca e Cuoco」(クオーカエクオーコ)とはイタリア語で、女性のコックさんと男性のコックさんという意味。文字通り、コックさんのご夫婦で店を切り盛りしている。2016(平成28)年5月にオープンし、現在ではすでにリピーター客が多く集まり、地域に定着しつつある。

可愛らしい外観
可愛らしい外観

ご店主はお店のジャンルのことを、あえて「カジュアルレストラン」と言うことにしている。イタリア料理をベースとしているが、いろいろな国の料理や工夫を取り入れて、イタリアンにとらわれないようにしているためだ。地域の方々に親しみやすい料理を提供し、心地よく過ごしてもらいたいという。

明るくてお洒落な店内
明るくてお洒落な店内

取材の日、提供していただいたのは、「牛スジ肉の赤ワイン煮込とマッシュポテトのグラタン仕立て」「イエロートマトのマルゲリータ」「シラスと生青のりのスパゲティ」。特に牛スジ肉の赤ワイン煮は人気が高いため、ランチだけでなくディナーでも出している。ホロホロとほぐれるお肉にマッシュポテトがからんでとても美味だ。

牛スジ肉の赤ワイン煮込み
牛スジ肉の赤ワイン煮込み

また、こちらの店の看板メニューは「屋久鹿のもも肉のロースト」。ご店主が屋久島でその肉を食べてから、あまりの美味しさに生産者に問い合わせ、現在では定期的に仕入れている(入荷・量は状況による)。屋久島という世界遺産の中を走り回っている鹿で、臭みがクセがほとんどなく「こんなに美味しい鹿を食べたことはない」と言われることもしばしば。関東で扱っている店舗は数店しかないため希少価値も高い。ぜひ、一度は味わってみたい。

シラスと生青のりのスパゲティ
シラスと生青のりのスパゲティ

「Cuoca e Cuoco」の料理はどれをいただいてもハズレがなく、誰もが思わず「美味しい!」と声に出してしまいそうな、素直で優しい味わいだ。ランチはメイン、サラダ、ドリンクが付いて1000円。リーズナブルな価格であることにもご店主はこだわっている。そのためディナーはもちろん、ランチタイムも満席状態のことが多いという。ランチの場合は早めに来店するのがポイント。ディナーはもちろん予約をしておこう。(※料理の金額は取材当時のもの)

Cuoca e Cuoco(クオーカ エ クオーコ)
所在地:東京都品川区南品川3-5-11 フジビル1F
電話番号:03-6320-4930
営業時間:11:30~14:30、18:00~23:00
定休日:日曜日
https://www.facebook.com/cuocaecuco/

詳細地図