天台宗の別格本山、都内では浅草寺に次ぐ古刹

深大寺

深大寺
深大寺

奈良時代、733(天平5)年、満功上人により開かれたと伝えられる「深大寺」。天台宗の別格本山であり、関東では浅草寺(東京都台東区)に次いで2番目に古い名刹だ。ちなみに、深大寺の名は水神「深沙大王」(じんじゃだいおう)に由来したものと言われている。

厄除けや商売繁盛、縁結びの寺として高名で、本尊は僧都・恵心の作とされる阿弥陀如来像。白鳳時代の作品である銅造釈迦如来倚像は、国宝に指定された。梵鐘は国の重要文化財となっており、歴史的遺物の宝庫としての顔も持つ。毎年3月3日・4日には“深大寺だるま市”として知られる「厄除元三大師大祭」が開催。日本三大だるま市のひとつであり、福を求める多くの人々でわきかえる。

深大寺
所在地:東京都調布市深大寺元町5-15-1 
電話番号:042-486-5511
http://www.jindaiji.or.jp/

詳細地図