練馬区東大泉五丁目のエリア概要

再開発で利便性が増した「大泉学園」駅周辺に広がる街

練馬区東大泉五丁目は西武池袋線「大泉学園」駅の南東に位置する。エリアの北西には白子川、南東には石神井川が流れ、緑地や農地が点在する緑豊かな住宅街だ。

大正時代から住宅地として発展

今の東大泉五丁目はかつて上土支田村前原と呼ばれており、1891(明治24)年に埼玉県から東京府に併合された際に大泉村と改められた。

1915(大正4)年に武蔵野鉄道(現・西武池袋線)が開通、1924(大正13)年には「東大泉(現・大泉学園)」駅が誕生すると、大泉村の北部(現在の大泉学園町周辺)で大規模な住宅地の開発が行われた。

「東京学芸大学附属国際中等教育学校」など多くの教育施設が集まる
「東京学芸大学附属国際中等教育学校」など多くの教育施設が集まる

大泉村の開発は同時期に開発が行われた国立や小平とともに学園都市を目指しており、高等教育機関の誘致が考えられていた。「大泉学園都市」の開発では大学の誘致には至らなかったものの、その後に「東京学芸大学附属国際中等教育学校」や「東京学芸大学附属大泉小学校」、「東京都立大泉高等学校・附属中学校」などが教育施設が誕生し、現在の東大泉五丁目周辺は文教エリアとして機能している。

再開発で便利で快適な街へ進化

「大泉学園」駅は練馬区内でも乗降客数が多い駅でありながら、駅周辺は駅前広場の不足など利便性に問題を抱えていた。このため、「大泉学園」駅周辺では再開発事業など都市インフラ整備が積極的に進められてきた。

「大泉学園」駅南口のペデストリアンデッキ
「大泉学園」駅南口のペデストリアンデッキ

2002(平成14)年には「大泉学園」駅南口の再開発が完了し、「練馬区立大泉学園ゆめりあホール」やショッピング施設「ゆめりあフェンテ」が入る再開発ビル「ゆめりあ」が誕生。「大泉学園」駅南口と「ゆめりあ」を結ぶペデストリアンデッキや「大泉学園」駅南口の駅前広場、西武池袋線と立体交差する補助135号線の整備が行われ、「大泉学園」駅周辺の買い物や交通アクセスの利便性が向上した。

「大泉学園」駅北口の再開発で誕生した「グランエミオ大泉学園」
「大泉学園」駅北口の再開発で誕生した「グランエミオ大泉学園」

さらに、2015(平成27)年には「大泉学園」駅北口で行われていた再開発も完了。ショッピング施設「グランエミオ大泉学園」や「練馬区役所 大泉区民事務所」が入る再開発ビル「リズモ大泉学園」が完成している。この再開発に合わせて、「大泉学園」駅北口バス乗り場のリニューアルが行われ、バスと電車の乗り換えも便利になった。

東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線直通電車が利用可能

「大泉学園」駅から「池袋」駅にはわずか17分
「大泉学園」駅から「池袋」駅にはわずか17分

「大泉学園」駅に近い東大泉五丁目は交通アクセスの利便性も高い。「大泉学園」駅には西武池袋線の各駅停車のほか準急、通勤急行、通勤準急が停車し、利用できる電車の本数が多い。「大泉学園」駅から「池袋」駅へは17分と短時間で移動できる。

西武池袋線には東京メトロ有楽町線や東京メトロ副都心線への直通電車もあり、「永田町」駅や「有楽町」駅、「新宿三丁目」駅、「渋谷」駅などにもダイレクトアクセスとなる。

また、「大泉学園」駅には「池袋」駅を終電後に発車する「小手指」駅行きの深夜急行バスが停車するため、帰宅が遅くなった際も安心だ。

緑を感じながら暮らせる街

多くの植物を楽しめる「牧野記念庭園」
多くの植物を楽しめる「牧野記念庭園」

東大泉五丁目周辺は「日本の植物学の父」と呼ばれた植物学者の牧野富太郎が晩年に居を構えたことからもうかがえるように、緑にも恵まれているエリアだ。現在、牧野富太郎の自宅跡地は「牧野記念庭園」として公開されており、多彩な植物を楽しめる。

水辺の散策が楽しい「都立石神井公園」
水辺の散策が楽しい「都立石神井公園」

エリア周辺には他にも石神井池や三宝寺池の周囲に広がり、桜の名所としても知られる「東京都立石神井公園」など緑を楽しめるスポットが多い。

豊かな自然が身近で、再開発で利便性が向上した練馬区東大泉五丁目。この街では快適な暮らしを満喫できるだろう。