武蔵野の緑を残す元・水道管跡の散策路

狭山・境緑道(東村山中央公園付近)

狭山・境緑道(東村山中央公園付近)
狭山・境緑道(東村山中央公園付近)

「狭山・境緑道」は、大正時代に多摩湖の一部である山口村山貯水池から境浄水場へ水道管を布設したところを、緑化して散策路・サイクリングロードとしたもの。多摩湖自転車道の一部でもあり、現在は西東京市から東大和市までの10.5kmが開園している。「東村山中央公園」付近は、雑木林が多い武蔵野の面影を色濃く残す一帯。緑道沿いにベンチやトイレなどが置かれ利用しやすいように整備されている。西武多摩湖線「八坂」駅の近くには食堂もあり、休日を過ごすにも最適だ。

狭山・境緑道(東村山中央公園付近)
所在地:東京都東村山市美住町1 ほか
電話番号:0422-31-6457(野川公園サービスセンター)
http://musashinoparks.com/kouen/sayama/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ