茗荷谷エリアの子育て環境をレポートします!

教育機関が集い、文教の街として知られる文京区。『シェフルール文京茗荷谷』が建つ茗荷谷エリアにも国立大学やその付属校などの教育機関、習い事施設や緑豊かな公園などが多くあり、子育てにピッタリな環境が広がっています。現地を歩き、その魅力的な子育て環境をチェックしてきました。

筑波大学附属小学校
筑波大学附属小学校

まずは通学区の学校を見てみましょう。「文京区立窪町小学校」は、物件からわずか徒歩2分!1926(大正15)年創立の歴史ある学校でありながら、教室と廊下が一体になったオープンスペースの教室や、冷暖房完備の体育館、図書館とコンピューター室が一体化したメディアセンター、屋上の屋根付きプールなど、公立校とは思えないほど充実した設備が整っています。
「文京区立第一中学校」も徒歩5分と近いので、毎朝の通学も安心です。こちらも戦後間もない1947(昭和22)年に開校した伝統ある学校で、緑に囲まれたグラウンドは広々としています。部活動に熱心で、特に柔道部は全国大会に出場するなど好成績を上げています。

区内でも人気の学校

文京区立窪町小学校
文京区立窪町小学校

部活動が熱心

文京区立第一中学校
文京区立第一中学校


国内有数の文教地区とあって、国立大学附属の学校が多いのも魅力です。「筑波大学附属小学校」は、日本で初めて国立師範学校の練習小学校として設立され、140年以上の歴史を誇ります。教室にパソコンを設置するだけでなく、デジタル教科書が使える教室を設置するなど、最新の設備が整っています。また、グラウンドも広々としていて、のびのびと学校生活を送りつつ学業に専念できる環境が広がっています。さらに「筑波大学附属中学校・高等学校」も敷地内にあり、教育設備が充実しているだけでなく、広大なグラウンドやアリーナなどの体育施設も整っています。

日本初の国立師範学校

筑波大学附属小学校
筑波大学附属小学校

教育・体育施設が充実

筑波大学附属中学校・高等学校
筑波大学附属中学校・高等学校


キャンパス内に附属の
学校があります

お茶の水女子大学
お茶の水女子大学

物件目の前には「お茶の水女子大学」が建ち、同じキャンパス内には附属の幼稚園や小・中学校、高校があります。「お茶の水女子大学附属幼稚園」は、日本で最初に設立された幼稚園で、幼児教育の先駆的存在です。ちなみにこちらの幼稚園と「お茶の水女子大学附属小学校」、「お茶の水女子大学附属中学校」は男女共学で、受験をする家庭に高い人気を誇っています。


このように国立・私立校が多いため、駅前を中心に大手の学習塾が数多く集まっているのも茗荷谷エリアの特徴です。また、幼稚園や小学校の受験に対応した幼児教室も多く、それぞれ子どもたちの個性を伸ばす工夫を凝らしたカリキュラムを行っています。
例えば「あるぼーれモンテッソーリ幼児教室」は、欧米で生まれたモンテッソーリ教育を取り入れた教室。ベビーコースをはじめ、幼稚園受験や小学校受験に対応したコースもあります。「教育の森 学習塾」は、小学生から高校生までが通える地域に根ざした塾。希望に合わせて授業をカスタマイズしてくれたり、さかのぼり学習を無料で行ってくれるなど、親身に子どもの味方になってくれます。「幼児教育 チャイルド・アイズ 茗荷谷校」では、知能教育学と幼児心理学を取り入れ、考える遊びを通じてバランスのよい脳の成長を促してくれます。幼稚園・小学校・中学校の受験準備を手助けしてくれ、特に国立大附属小学校受験に強みがあります。

モンテッソール教育を
取り入れています

あるぼーれモンテッソーリ幼児教室
あるぼーれモンテッソーリ幼児教室

地域に根ざした塾

教育の森 学習塾
教育の森 学習塾


受験だけでなく、国際性や情緒を豊かにしてくれる習い事も多くあります。「TOEFL® FOR KIDS(トフルキッズ)」は、幼稚園から高校生までの英語教室。インターナショナルスクールのような授業を行う小学生上級者向けのサタデースクールもあります。「パル・クリエイション」は体操や造形の幼児教室で、体操を通じて明朗な気持ちや協調性を養ったり、造形で数学・科学的感覚や忍耐を経験して、良い刺激を受けることができます。「Centré KAPLA TOKYO」は、ブロック造形教室です。フランスで20年近く経験を積んだ講師の指導によって、本場のワークショップを受けることができ、創造力を豊かにしてくれます。

体操や造形の幼児教室

幼児教室 パル・クリエイション
幼児教室 パル・クリエイション

本場のワークショップを体験

Centré KAPLA TOKYO
Centré KAPLA TOKYO


エリア内には大小の公園が点在していて、都心とは思えないほど緑にも恵まれています。「教育の森公園」は、「東京教育大学」(現在の「筑波大学」)の跡地にできた緑豊かな公園。のびのびと体を動かせる広場や、松平家の庭園であった「占春園」、温水プールがある「文京スポーツセンター」といった施設があります。夏はじゃぶじゃぶ池で水遊びができるので、きっと子どもも大喜びでしょう。現在、公園内は改修中ですが、2019年には工事を終えて、より魅力的な公園になる予定です。
「東京大学大学院理学系研究科附属植物」は通称「小石川植物園」の名で親しまれている、世界でも有数の植物園です。一般公開もされていて、広大な敷地で様々な植物が観察できます。訪れた時も子連れのママがいたりと、子育て家族にも人気の施設です。

のびのびと体を
動かせます

教育の森公園
教育の森公園

世界でも有数の植物園

小石川植物園
小石川植物園


歴史と文化が息づいていることも、後世を担う子どもたちにいい刺激を与えるでしょう。「旧磯野家住宅」は、国の重要文化財に指定されている歴史的建造物で、その歴史は100年を超えます。戦災や自然災害からも免れた、伝統的な木造建築の技術と明治以降の大工技術を垣間見ることができます。
「鳩山会館」は、日本の近代政治と教育界に大きな影響を与えた鳩山家の洋館。一般公開もされていて、歴史的価値のある建物はもちろん、美しいステンドグラスやイギリス風の庭園などは一見の価値アリです。

茗荷谷エリアは素敵な子育て環境が広がっていましたね!ここで紹介した施設はほんの一部で、学校や習い事施設、公園はまだまだたくさんありました。また、街並が美しく上品なのも印象的で、とても落ち着いた環境が広がっていました。これなら安心して子育てができそうです。

国の重要文化財に指定

旧磯野家住宅
旧磯野家住宅

鳩山家の洋館

鳩山会館
鳩山会館


発見ポイント!

エリア内にある「筑波大学 東京キャンパス」
エリア内にある「筑波大学 東京キャンパス」

  • (1)通学区の学校は区内でも人気の学校!国立大学附属の学校も多く、アカデミックな環境が広がっている
  • (2)幼稚園・小学校受験に強い学習塾や、体操や造形といった習い事施設があり、文教地区ならではの充実した学習環境!
  • (3)思いっきり体を動かせる公園があるので、学業だけでなくのびのびと遊べて、まさに文武両道の子育てができる