江戸三名園の一つ、文京区に佇む由緒ある公園

占春園

占春園
占春園

「占春園」は、徳川光圀の弟である守山藩主、松平頼元が、1659(万治2)年に構えた屋敷跡に残された公園。明治時代には、東京高等師範学校(現在の筑波大学)の一部だったが、現在は筑波大学附属小学校の自然観察園として管理されており、一般市民にも公開されている。

占春園
占春園

1746(延享3)年に建てられた碑文には、「林には鳥、池には魚、緑の竹と赤い楓、秋の月、冬の雪と四季それぞれ美しい姿を見せる」と記されている。当時は、青山の池田邸、溜池の黒田邸と並んで江戸三名園の一つに数えられており、ホトトギスの名所としても知られていたという。

占春園
占春園

土地の高低差を生かした園内には様々な樹木が生い茂り、細い階段状の園路が池に向かって下っており、静かな情緒を感じさせる。東側の低地にある広場には、見事な枝ぶりのカツラの木が3本植わっており、教育の森公園側の入り口近くでは、国内では珍しいシロマツやダイショウマツを見ることができる。

占春園
所在地:東京都文京区大塚3-29 
開園時間:4月~9月8:00~19:00、10月~3月8:00~17:00
http://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko..

詳細地図