目の前に公園が広がる、愛すべき街の憩いカフェ

カフェスギノコ(Cafe Suginoco)

公園前、そして珍しい赤い外観が目印
公園前、そして珍しい赤い外観が目印

東京の静かな住宅街の中、公園に面した憩いのカフェがある。「東長崎」駅から歩いて8分程の距離にあるお店の赤い外観は、ひと目見てすぐに覚えることができる位に印象的。かといって他の建物と相反する奇抜な雰囲気はまったくなく、むしろその独特な風情がこの場所にとてもなじんでいるのが新鮮に感じられる。

古民家をリノベーションした雰囲気のある店内
古民家をリノベーションした雰囲気のある店内

店の入口には手入れのなされた草花の鉢が並び、店主が描いたという愛らしい切り株のキャラクターの看板が。一人でも複数人でも気軽に入れる親しみやすさが心地いい。古民家をリノベーションしたウッディなブラウンカラーの店内には、テーブル席が3卓。アンティーク家具や書籍、小物などが並べられ、日常の忙しない時間感覚を失わせるノスタルジーさな雰囲気が広がっている。

店がオープンしたのは2012(平成24)年2月。店前には春になると桜が咲きほころぶ街の公園があり、店からはのどかな風景をのぞむことができる。店主が場所探しをしていた際に、公園にいるように寛げる場所を作りたいと思っていた矢先、そんな想いが叶う現在の場所を運命的に見つけたのだという。

やさしい口当たりの人気メニュー「スギノコドライカレー」
やさしい口当たりの人気メニュー「スギノコドライカレー」

店のおすすめ&人気メニューは、ほとんどの来店客が注文するという「スギノコドライカレー」。スパイスが効いているが、お子様や年配の方でも食べやすいようにと濃すぎず、食べやすい味付けになっている。「スギノコドライカレー」以外には、ゴボウをたっぷり使ったドライカレーがあり、ご飯ものメニューは以上の2種類。その他には、ドリンクメニューと手作りスイーツを提供。季節限定のメニューも展開しており、栗が出回る時期に作られるモンブランは、毎年定番の人気スイーツとなっている。

店内の所々に活けられた花々に癒される
店内の所々に活けられた花々に癒される

「地域密着型のお店に」という店主の優しい思いが、そのまま形となったようなお店。一人で、もしくは家族や親しい友人や恋人と訪れて、一緒に過ごした時間ごといつまでも大切にしておきたくなる、そんな街の癒しスポットだ。

カフェスギノコ(Cafe Suginoco)
所在地:東京都豊島区南長崎3-40-14
電話番号:03-6908-0778
営業時間:10:00~17:00
定休日:月・日曜日、祝日
https://ameblo.jp/cafe-suginoco/
https://www.facebook.com/cafesuginoco/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ