彫刻が点在する芸術文化と憩いの場

芹ヶ谷公園

虹と水の広場
虹と水の広場

町田市内には「町田」駅周辺の商業地の中から住宅地に至るまで、大小の公園が点在し、市全体に豊かな緑の地を提供している。市内にある公園のひとつ「芹ヶ谷公園」は、「町田」駅に近い大きな公園。小田急線の線路沿いにある公園で、園内は多目的広場を中心に、花木園や花見広場など、季節の自然に触れて遊べる場が多く設けられている。

冒険遊び場
冒険遊び場

広場の隣にある噴水池「虹と水の広場」は、せせらぎとジャブキャブ池につながっており、夏になると子どもの水遊び場になる。子どもが遊べる場所は多く、「冒険遊び場」ではプレイリーダーによる本格的な冒険遊びにもチャレンジできる。

「国際版画美術館」前のせせらぎ
「国際版画美術館」前のせせらぎ

木々の間に大小の彫刻が点在しており、造形芸術に触れられることもこの公園の特徴のひとつ。園の一画には、公立美術館では珍しい版画専門の美術館「国際版画美術館」があり、更に、2019(平成31)年には美術館の隣に、町田市立博物館が所蔵する全国有数のコレクションの一部を展示する「(仮称)町田市立国際工芸美術館」が開館することも予定されている。

芹ヶ谷公園
所在地:東京都町田市原町田5-16 
電話番号:042-724-4399(町田市公園緑地課)
開園時間:6:00~18:00(6月~8月は19:00まで)
休園日:年中無休
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/p..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ