狛江市の歴史を物語る特別緑地保全地区

泉龍寺弁財天池

泉龍寺弁財天池
泉龍寺弁財天池

「泉龍寺弁財天池」は、小田急線「狛江」駅北口から西へ歩くと間もなく突き当たる、「泉龍寺」の境内の一角にある。この池の水はかつて涸れることのない清水といわれ、清水川と呼ばれるほど澄み切った泉がこんこんと沸き、和泉・猪方・岩戸の境界点から深い堀割を流れて下流の水田の灌漑用水にも使われていた。その後、環境の変化などにより1972(昭和47)年には一度涸れつきてしまったが、1973(昭和48)年に狛江市史跡第一号に指定され、復元工事が行われて今に至る。「弁財天池」の名は、池の中島に1693(元禄6)年に作られた石の祠があり、弁財天が祭られていることに由来している。

泉龍寺弁財天池
所在地:東京都狛江市元和泉1-7
http://www.senryuji.or.jp/original3.html

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ