子育てしながら楽しく過ごすファミリーの平日

小田急小田原線「喜多見」駅を最寄駅とする喜多見エリアからは、新宿や大手町など都心の主要駅への交通アクセスが抜群。さらに、公園や病院、教育施設も充実し、子育て世代が過ごしやすい生活環境が整っています。そんな喜多見エリアで暮らす、あるファミリーの平日の一日をご紹介します。

時計

6:00

起床。

image_photo
image_photo

起床。しばらくして夫も起きてきた。私が朝ごはんの用意をしている間に、パパは洗濯。自分の出勤準備と息子の保育園の身支度などもあるので毎日朝は忙しいけれど、夫婦で家事を分担していて、朝の洗濯はパパの仕事になっている。朝食の準備ができたところで、家族揃って「いただきます!」

時計

8:00

パパが先に
出勤。

喜多見駅
喜多見駅

「パパ、行ってらっしゃい」と息子と一緒にパパを見送る。パパはいつもひと足先に出勤。勤務先のある「大手町」駅までは、隣駅の「成城学園前」駅で小田急線急行に乗り換え、「代々木上原」駅で東京メトロ千代田線に乗り換えて約32分。乗り変えはあるものの時間的には短いため、パパも通勤がだいぶ楽になったと言っている。

時計

8:15

息子を保育園に送りながら
出勤。

息子を小田急線の高架下にある保育園「木下の保育園 たんぽぽ」に送ってから、私はそのまま勤め先へ出勤。駅のすぐそばに保育園があるので、とても助かっている。最初は高架下と聞いて薄暗いイメージがあったけど、実際はそんなことなくて明るく楽しい園に満足している。

勤め先の新宿までは、隣駅の「成城学園前」駅で小田急線の急行に乗り換えると通勤時間帯でも約22分。通勤時間が短くて済むのは、子育てしながら仕事を続ける私たちにはとても嬉しいことだ。

時計

16:00

退社。
夕飯の買い物へ。

サミットストア 喜多見駅前店
サミットストア 喜多見駅前店

時短勤務なので就業は午後4時まで。定時で仕事を終えて、「喜多見」駅の目の前の「サミットストア 喜多見駅前店」で夕飯の買い物を済ませる。帰りの時間帯だと「新宿」駅から「喜多見」駅まで17分で着くので、働きながらも時間にゆとりが生まれている。

時計

16:40

息子を迎えに行く。

買い物を済ませた後は息子の待つ保育園へ。駅のすぐそばで、買い物も息子の送り迎えも済ませられるので、効率良く動けて助かっている。お迎え後は息子と公園に寄ったり、買い物しながらゆっくり帰ることができ、息子と一緒に過ごす大切な時間になっている。

時計

17:00

荷物を家に置いてから市役所と図書館へ。

狛江市立中央図書館
狛江市立中央図書館

荷物を置きにいったん家に帰ってから、住民票を取りに「狛江市役所」へ。市役所までは歩いて8分程で、午後5時を過ぎても平日は夜9時まで自動交付機が使えるのでとても便利。住民票を取った後は、隣接の「狛江市立中央図書館」で、息子用の絵本とパパから頼まれていた歴史関連の本を借りた。

時計

18:10

帰宅して夕食の用意。

帰宅して夕飯の用意。休日の夕飯はパパの担当だけど、平日は時短勤務の私が担当している。準備の間、息子は借りてきた絵本を夢中になって読んでいる。最近ひらがなが読めるようになってきたので、私が読んであげるよりも自分で絵本を読みたがり、「ママに読んであげるね」と、絵本を読み聞かせてくれることもある。保育園に通い出して、一段と成長したなと感じる。

時計

19:00

パパ帰宅。家族で夕食。

image photo
image photo

パパが帰ってきたので、家族揃って夕食をとる。明日は土曜日なので、家族でどこに出かけようかと話し合う。いろんな電車に乗りたいと息子が言うので、「じゃあ、明日はみんなで江ノ電に乗りに行こうか」とパパ。小田急線と江ノ電、2つの電車に乗れると息子は今から興奮気味。明日もいい天気だといいな。

<ママ&パパの一言>

「喜多見」駅から「新宿」駅までは17分。大手町へも29分でアクセスできるので、通勤は二人とも楽ですね。それに、駅の高架下に保育園やお稽古教室があるので、通勤と一緒に子どもの送り迎えができるのもとても助かっています。駅前には、日用品が充実したスーパーマーケットがあるので、息子を迎えに行ってから、さっと買い物して帰ったりと効率よく時間が使えて便利です。市役所や図書館は家から歩いて8分ほどのところにあり利用しやすいです。