郷土の偉人・葛飾北斎の名画を展示

すみだ北斎美術館

JR総武線「両国駅」東口から徒歩9分。2016(平成28)年に開館した「すみだ北斎美術館」は、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎をテーマとした美術館だ。北斎が本所界隈(現在の墨田区の一角)で生涯のほとんどを送ったことから、この地に設けられた。

外壁にやわらかく下町の風景が映り込む、モダンな外観
外壁にやわらかく下町の風景が映り込む、モダンな外観

3~4階には企画展示室、4階には常設展示室を配置。常設展示室では、浮世絵が光に弱いことから、実物大高精細レプリカを利用し、北斎の生涯に沿って絵の変遷がわかる各時代の代表作を展示。各地から見える富士山を描いて一世を風靡し、浮世絵に風景画という新しいジャンルを生み出した名作「冨嶽三十六景」などが紹介される。

「富嶽三十六景 山下白雨」
「富嶽三十六景 山下白雨」

作品の近くにある多くのタッチパネルでは、展示作品の詳細や時代背景を知ることができたり、最新技術でクイズや『北斎漫画』を体験できる。名作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を摺る様子を動画で見られるコーナーや、リアルに再現した北斎のアトリエも見どころだ。

4階の常設展示室
4階の常設展示室

ポストカードやおしゃれな浮世絵グッズを扱うミュージアムショップ、浮世絵に関する書籍や資料をそろえた図書室の利用に、チケットは要らない。誰でも無料で利用できるというからうれしい。

「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」
「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

すみだ北斎美術館
所在地:東京都墨田区亀沢2-7-2 
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日または振替休日の場合は翌平日)、年末年始
http://hokusai-museum.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ