子どもたちにより添う保育を実践する

こころの保育園西片

こころの保育園西片 外観
こころの保育園西片 外観

「こころの保育園西片」は東京メトロ南北線「東大前」駅から徒歩5分、「個を受容し、共感するなかで主体性を育む」ことを保育理念とする認可保育園である。暖かな木のぬくもりを感じる園内は清潔感があり、3階の屋上遊戯スペースには子どもがのびのびと遊べる遊具がそろっている。子どもたち一人一人が「なぜ泣いているのか、なぜ笑っているのか、なぜ怒っているのか」、子ども達の「なぜ?」が理解できるよう、個々の思いを受容し、共感し、時には手助けをしながら、子ども達に寄り添う保育を行っている。

木のぬくもりを感じる園舎
木のぬくもりを感じる園舎

保育目標は「健康な身心の成長を促す」こと、誰もが持って生まれた「自ら育とうとする力」を大切に育て、自主性・意欲・思いやりを育てること、そして物事を自ら考え、行動する事を身に付けることのできる人間を育てることの3つ。年間行事は夕涼み会や運動会、子ども会(発表会)などが行われる。年間を通じて、保護者が休日に保育園へ来て子どもたちとふれあう「保育士体験」が随時実施され、子どもの育ちを共有する個人面談も随時受け付けている。さらに年に2、3回開かれる「クラス懇談会」や子どもと一緒に遊ぶ「親子の会」など子どもの成長を肌で感じられる催しが用意されている。また、鯉のぼりづくりや七夕、芋ほり遠足(4・5歳)やクリスマス会、もちつきといった季節の行事も行われるため、子どもたちは充実した一年を過ごせるだろう。

屋上庭園でのびのび体を動かそう
屋上庭園でのびのび体を動かそう

保育園での1日は遊びや園外保育、年齢別保育を実施し16時半からが降園時間となる。毎日のランチメニューはホームページでも確認することができる。また、19時15分までは延長保育を実施しているため、働く保護者も安心して子どもを預けられる。

19時15分までは延長保育も実施
19時15分までは延長保育も実施

子どもにとって幼児期は、感受性や人格形成に大きく影響する大切な時期。「こころの保育園西片」はみんなで笑い・泣き・怒り・喜び、そして、友達を思いやり、人の痛みがわかる、こころを育てる保育園。子育て世代は一度門を叩いてみてはいかがだろうか。

こころの保育園西片
所在地:東京都文京区西片2-1-1 
電話番号:03-5805-3911
開園時間(延長保育時間含む):月〜土曜日 7:15〜19:15
休園日:日曜日・祝祭日、12/29〜1/3
https://www.sanko-fukushi.jp/nursery/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ