手打ちパスタと多彩な肉料理、色鮮やかな鎌倉野菜が魅力

トラットリア・ダ・イシカワ

トラットリア・ダ・イシカワ
トラットリア・ダ・イシカワ

有楽町線・副都心線「平和台」駅から徒歩約7分、東武東上線「下赤塚」駅から徒歩約13分の小さな商店街にある本格イタリアンレストラン「トラットリア・ダ・イシカワ」。手打ちパスタとバラエティ豊かな肉料理、鎌倉野菜、そして、ソムリエチョイスのワインを堪能できる店である。同店は2016(平成28)年、在日イタリア商工会議所のイタリアンレストラン品質認証マーク「AQI」を取得。イタリア人のお客様からも「マンマの味」と称賛されることもあるという。ドアを開けると「ボンジョルノ」と、明るく石川氏の奥様が迎えてくれる。

トラットリア・ダ・イシカワ
トラットリア・ダ・イシカワ

入り口は1階にあるが、食事は主に2階でいただく。4人掛けテーブルが3つと2人掛けテーブルが1つの計14席。木製のテーブルに青々とした緑が置かれたナチュラルな寛ぎ空間だ。1階は厨房と、生ハム、チーズの計り売りや、イタリア産のオリーブオイル、パスタ、アンチョヴィ、バルサミコ、ワイン、ビール、リモンチェッロなどの販売、そして2階に上がるのが困難な方でも食事を楽しんでもらえるよう、4人掛けテーブルが1つ用意されている。

トラットリア・ダ・イシカワ
トラットリア・ダ・イシカワ

オーダー時には、フロアを切り盛りしている奥様が、苦手な食材やアレルギーのある食材について確認してくれる。こうした心遣いもイタリアンな温かみが感じられる。取材に訪れたのは平日だったので、月曜日から金曜日までの「平日限定ランチ」をいただくことができた。「平日限定ランチ」の内容は本日のスープ、パスタリストから1品、カフェの「セット」(税別1,200円)。休日にはこちらの「セット」に、前菜、パスタリストから1品に、デザート、カフェがつく「プランゾ」(税別1,700円)、「プランゾ」にメイン料理がつく「プチコース」(税別2,600円)も選ぶことができ、どれもリーズナブルだ。今回は存分に同店の料理を堪能すべく「プチコース」をオーダーした。

トラットリア・ダ・イシカワ
トラットリア・ダ・イシカワ

前菜の盛り合わせは、イタリア・サンダニエーレ産生ハム、パープルスィートロードの冷製スープ、イタリア風卵焼き「フリッタータ」、きのこのオレガノ風味トマト煮「フンギトリフォラーティ」というラインナップ。このイタリア・サンダニエーレ産プロシュートはテイクアウトも可能で、食事前に注文しておけば、食事が終わるまでにスライスしておいてくれる。

選べるパスタは7種類。パスタリストには、「本日のおすすめパスタ」「本日のショートパスタ」「釜揚げしらすと彩り野菜のスパゲッティ」「海老と彩り野菜のアンチョヴィ風味スパゲッティ」「季節野菜のトマトソーススパゲッティ」「ポルチーニといろいろキノコのクリームスパゲッティ」「季節野菜のアラビアータスパゲッティ」と書かれていた。

この日のおすすめパスタは、チーズと胡椒のスパゲッティーニ「カッチェ・エ・ぺーぺ」と、ショートパスタはトマトクリームの「パッケリ」。シェフがイタリア・サンダニエーレ産生ハムと彩野菜入りにアレンジを加えたという「カッチェ・エ・ぺーぺ」をチョイスした。また、都心部の店でもあまり流通していない、ヴェネト種プロセッコの樽生スパークリングワインをグラスで提供していると聞いたので、あわせてお願いした。

トラットリア・ダ・イシカワ
トラットリア・ダ・イシカワ

メインは、「青森ケンコウポークのソテー~自家製野菜と赤ワインのピューレソース・鎌倉野菜添え~」。青森ケンコウポークは、飼料にハーブを使って育てた豚とのこと。ジューシーな肉を彩るのは、シャドウクイーン、金美人参、万願寺とうがらし、赤カブ、紫ししとうといった旬の野菜たち。そして、コースを締めくくるドルチェはパンナコッタ、選べる食後のドリンクはエスプレッソをいただくことにした。エスプレッソの砂糖もイタリア産というさりげないこだわりがにくい。

トラットリア・ダ・イシカワ
トラットリア・ダ・イシカワ

ディナータイムも前菜、サイドメニュー、各種パスタ、魚料理、肉料理、デザートなどのグランドメニューのほか、手書きの「本日のおすすめ」メニューも用意されている。自家製手打ちパスタや自家製ニョッキ、自家製ラビオリなどのメニューが充実しており、いずれも旬の野菜とのコラボが多い。旬の野菜や鎌倉野菜を味わえる店とあって、グランドメニューの前菜「鎌倉野菜たっぷり・カラフルな旬野菜のバーニャカウダ」は定番人気だという。

ディナーは料理と共にお酒を楽しむ人も多く、ワインやビール、カクテル、さらには同店のお料理に合うワインとして「アンシリア」「スルスール」「モレッリーノ・ディ・スカンサーノ」といったイタリア産ワインも味わうことができる。土・日・祝日・祝前日のディナータイムは混み合うことも多いので、事前予約がベターだろう。食事を終え、店を出る時に「チャオ」と送り出してくれた奥様に、思わず「チャオ」と応えたくなるような、親しみと安らぎをおぼえる名店であった。

トラットリア・ダ・イシカワ
所在地:東京都練馬区田柄1-20-29 
電話番号:03-6909-9980
営業時間:12:00~15:00(L.O.13:30)、18:00~22:00(L.O.21:00)
※土・日曜・祝日のランチタイムは、12:00~14:30(L.O.12:30)
定休日:火曜日
※木曜日はランチのみの営業
http://trattoria-ishikawa.com/
https://www.facebook.com/trattoria.ishik..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ