暮らしの利便性に加え、武蔵野の面影が残る東村山市富士見町一丁目

東村山市富士見町一丁目は、西武国分寺線・拝島線「小川」駅の北西に広がり、エリアの南を流れる「野火止用水」を境に小平市と接している。「野火止用水」は江戸時代に「玉川上水」から分水された用水で、流域の人々の暮らしを潤してきた。

九道の辻公園

富士見町一丁目の東にある府中街道の八坂交差点には、現在6本の道が集まっているが、江戸時代には鎌倉街道をはじめ9本の道が集まっていて「九道の辻」と呼ばれていたという。「九道の辻」という名は、近くの「九道の辻公園」に今も残されている。

小川駅

1894(明治27)年に川越鉄道(現・西武国分寺線)が開通し「小川」駅が開業。駅の開業後も原野が広がっていた「小川」駅周辺だが、戦時中に「陸軍少年通信兵学校」など軍の施設が進出し、街の発展が始まった。

東村山市立富士見小学校

戦後には跡地を利用して「東村山市立富士見小学校」や「東京都立東村山西高等学校」、「東村山市立富士見文化センター」などが整備され、学校や公共施設が充実したエリアになった。1960(昭和35)年には「小川」駅前に「ブリヂストン東京工場」が造られ、企業城下町的な発展を遂げている。

西武拝島線

富士見町一丁目の最寄りとなる「小川」駅は、西武国分寺線と西武拝島線が交わるターミナル駅で、交通アクセスの利便性は高い。西武拝島線には「西武新宿」駅行きの急行や準急もあり、「高田馬場」駅や「西武新宿」駅まで乗り換えなしで移動できる。

西武国分寺線

国分寺線に乗れば、JR中央線接続の「国分寺」駅まで3駅8分と近く、都心方面に行くにはこちらのルートも便利だ。西武多摩湖線「八坂」駅、西武新宿線「久米川」駅、JR武蔵野線「新小平」駅もアクセスしやすい距離にあり、行き先に応じて使い分けることもできる。

ダイエー小平店

買い物環境にも恵まれている。エリア周辺にはスーパーマーケットの「ダイエー小平店」をはじめ「あいあい中宿商店街」「ウィング通り商店街」といった商店街があり、毎日の買い物で遠くまで出かける必要はない。府中街道沿いに集まるロードサイド型の大型ショッピング施設も自転車でアクセスできる距離なので、日常圏内として使えそうだ。

草門去来荘

富士見町一丁目周辺には人気のベーカリーやラーメン店、ケーキ店などが点在し、グルメの楽しみも多い。エリア内に建つ「草門去来荘 母屋」と「リストランテ MON」は、「紅虎餃子房」チェーンを経営する「際コーポレーション」の創業者、中島武氏の生家をリノベーションしたレストランで、料理はもちろん趣のある空間の佇まいも評判だ。

緑風荘病院

富士見町一丁目周辺は医療施設も充実している。内科や眼科などかかりつけに便利なクリニックが揃うだけでなく、「緑風荘病院」や「緑成会病院」など大規模な病院が近いことも心強い。

明治学院中学校・東村山高等学校

このエリアは子育て・教育の場としても魅力が多い。とくに教育施設は、公立校に加え「明治学院中学校・東村山高等学校」「桜華女学院中学校・日体桜華高等学校」「明法中学・高等学校」と、私立中学・高校が徒歩圏内にあり、身近の進学先が豊富だ。

一橋大学 小平国際キャンパス

近隣には「一橋大学」「津田塾大学」「武蔵野美術大学」「東京学芸大学」など大学のキャンパスも多く、文教エリアとしての機能も持つ。子育て施設としては、「富士見児童クラブ」や「東村山市立富士見児童館」をはじめ、「中宿公園」「南台公園」など子どもの遊び場となる公園が揃っている。

東村山中央公園

緑に親しめる場所が多いことも特徴だ。とくにエリアの北側に広がる「東村山中央公園」は、広大な雑木林や芝生の広場があり、気軽にピクニック気分を楽しめるだろう。「野火止用水(小川西町付近)」沿いの遊歩道や「狭山・境緑道」での散策も楽しい。

多摩湖

少し足を延ばせば、桜の名所としても知られる「小金井公園」や、新東京百景に選ばれ「東村山菖蒲まつり」でも有名な「北山公園」など大規模公園も多い。「多摩湖」や「狭山公園」「西武園ゆうえんち」など子どもと休日に楽しめるレジャースポットにも恵まれている。

小平市は2014(平成26)年に「小川駅前周辺地区まちづくりビジョン」を発表した。これによると、駅前広場や駅周辺の道の整備に加え、西口では再開発事業として100m級の超高層タワーの計画も盛り込まれている。こうした都市インフラの整備が実現すれば、さらに利便性は向上するだろう。

交通アクセスやショッピング施設、教育施設に豊かな自然と快適に暮らすための施設が揃った東村山市富士見町一丁目。この街ではファミリーを中心に、あらゆる人々が安心して暮らせる街といえそうだ。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP