明治初期開校の伝統校

国分寺市立第二小学校

国分寺市立第二小学校
国分寺市立第二小学校

明治時代初期に寺子屋として開校して以来の、長い歴史を持つ伝統校、国分寺市立第二小学校。校舎は、晴れた日には西側に富士山を遠く臨むことができる「国分寺崖線」の上にある。校名の「第二」は、国分寺市内で2番目に開校したことから。「国立」駅北側の、国立市との市境に沿う住宅地を主な通学区域に定めており、現在は700名を超える児童が通学している大規模校でもある。国重要文化財である国分寺の薬師如来をデザインした校章をはじめ、地域と日本の伝統文化を理解するための試みを多く行っており、独自の学習活動として、体育館での能楽鑑賞や狂言ワークショップなどを行っている。

国分寺市立第二小学校
所在地:東京都国分寺市光町3-1-1 
電話番号:042-572-8192
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/kuras..

詳細地図