板橋区小豆沢エリアは子育ての場としても魅力がいっぱい

都心に近い場所にありながら閑静な住宅地が広がる板橋区小豆沢エリアは、子育てにもぴったりの街だ。

板橋区立志村第四小学校

板橋区では2014(平成26)年度から「入学予定校変更希望制」が導入された。小学校は入学予定校の通学区域に隣接する区域の学校、中学校は区内全学校へ入学を希望でき、各学校の受入可能数を超えた場合は抽選となる。各学校でそれぞれ特色ある教育を行っており、例えば「板橋区立志村第四小学校」では、算数の少人数指導などきめ細かやかな指導を行うほか、特別支援教育コーディネーターや学生ボランティアなどの協力を得て、多様な学習ができるようにしている。

芝浦工業大学中学高等学校

また、エリア周辺には「大乗淑徳学園」や「芝浦工業大学中学高等学校」、「星美学園」など私立の学校が点在している。最寄り駅となる「志村坂上」駅から都営三田線を利用すれば、文京区や千代田区の名門私立校にも通学しやすいなど、進路の選択肢が豊富なことも魅力だ。

いたばしボローニャ子ども絵本館

小豆沢周辺には子ども向けの施設も多い。「板橋区立志村図書館」には約25,000冊もの児童書が揃い、おはなし会や映画会などのイベントも開催されているほか、世界85か国の絵本が揃う「いたばしボローニャ子ども絵本館」といったユニークな図書館もある。また、エリアの南東にある「北区ふるさと農家体験館」の移築された古民家内で体験できる昔のおもちゃ作りも楽しい。

小豆沢体育館

小豆沢体育館」をはじめ「赤羽スポーツの森公園競技場」、「桐ヶ丘体育館テニスコート」といったスポーツ施設も充実し、のびのびと体を動かすことができるだろう。

習い事施設にも恵まれている。英語教室の「ウィンビー 志村校」、テニススクールの「ニッケテニスドーム小豆沢」、音楽教室の「板橋ミュージックセンター」などジャンルもさまざまな教室が揃い、子どもの多彩な好奇心を満たしてくれる。子どもの実力を伸ばしたいファミリーにとっては、「栄光ゼミナール 志村坂上校」や「スクールIE 小豆沢校」、「国大セミナー 志村坂上校」などの学習塾が近くに集まっていることにも注目点となるだろう。

板橋中央総合病院

子育ての場として考えるとき、医療の充実度合いは重要な要素だ。小豆沢エリア内には「すがやこどもクリニック」をはじめ各科のクリニックがあり、かかりつけとして利用できる。さらに「板橋中央総合病院」や「小豆沢病院」といった大型病院が近いことも安心だ。

板橋区小豆沢エリアは子育ての場としても魅力がいっぱい

さらに、板橋区では行政の子育て支援も充実している。「里帰り等妊婦健康診査助成金」や「私立幼稚園等入園料補助金」、「私立幼稚園就園奨励費補助金」、「私立幼稚園等保護者負担軽減補助金」といった各種の補助金・助成金が揃っているほか、一時保育や育児支援、区の公共施設の利用などに利用できるサービス券を配布する「板橋区すくすくカード事業」が行われているのもうれしい。

東京家政大学 正門

また、子どもと親の遊びと交流の場となり、専門スタッフによる子育て相談も行われている「いたばし0・1・2(おいっちに)ひろば」が都営三田線「板橋区役所前」駅近くの「板橋区立グリーンホール」内「子ども家庭支援センター」に設けられているほか、JR埼京線「十条」駅南側の「東京家政大学」キャンパス内には、大学と区が協働で運営する親子の交流の場「森のサロン」もある。

—————————————————————————————————————————–

■小豆沢の皆さんに聞きました!「小豆沢のここがお気に入り!」

板橋区小豆沢エリアは子育ての場としても魅力がいっぱい

~O.K.さん親子~
小豆沢は公園がたくさんあるし、子どもと一緒に行ける施設が多くていいですね。住宅地に入れば交通量も少ないので、子どもと一緒に出歩いても安心です。あとは「志村図書館」がお気に入りです。広くてきれいで、「おはなし会」も毎週あって、すごく取り組み方が良いな、と思います。

板橋区小豆沢エリアは子育ての場としても魅力がいっぱい

~Y.T.さん親子~
この辺りは子どもが多い地域なので、子ども同士も、親同士も、同じ世代の方とコミュニケーションを取りやすいのがいいですね。

—————————————————————————————————————————–

小豆沢公園」など大型公園にも恵まれ、子育て環境も整っている板橋区小豆沢エリア。この街では子育ての時間を存分に楽しめるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ

PR:都営三田線「志村坂上」駅のおすすめ新築マンション
SKYTIARA-スカイティアラ-』

PR

天地創造。『SKYTIARA-スカイティアラ-』

鮮烈な緑を纏い、眩い空に映える煌めきのレジデンス。
華やかな煌めきを纏いながら、
新たな邸宅の歴史をここに刻みます。


TOP