数々の名作を生み出した文豪の住居跡地 新宿区立漱石公園

漱石公園

公園の入り口
公園の入り口

文豪の夏目漱石は新宿で生まれ育ち、晩年の9年間を早稲田南町の家で暮らし、『三四郎』『こころ』『道草』といった代表作を執筆した。「漱石山房」と呼ばれたその家の跡地に整備されたのが、新宿区指定史跡「新宿区立漱石公園」だ。園内には、漱石や漱石山房の資料を展示している「道草庵」、漱石の没後に遺族が家で飼っていた犬、猫、小鳥の供養のために建てた「猫塚」などがある。1976(昭和51)年に開園し、2007(平成19)年にリニューアルを実施。2017(平成29)年には漱石生誕150年を記念して、隣に「漱石山房記念館」がオープンした。

漱石公園
所在地:東京都新宿区早稲田南町7 
電話番号:03-5273-3914(新宿区 みどり土木部-みどり公園課)
利用時間:8:00~19:00(10~3月は8:00~18:00)
https://www.city.shinjuku.lg.jp/seikatsu..

詳細地図