新宿区内にありながら、穏やかな佇まいで暮らせる街、牛込柳町エリア

利便性に恵まれながら、閑静な佇まいを併せ持つ

都営地下鉄大江戸線「牛込柳町」駅
都営地下鉄大江戸線「牛込柳町」駅

新宿区は東京23区の中心からやや西側に広がり、「東京都庁」をはじめ大企業のオフィスが集まる日本の中枢として機能するエリアだ。都営地下鉄大江戸線「牛込柳町」駅と東京メトロ東西線「早稲田」駅の間に位置する牛込柳町エリアは新宿区の東側に位置し、グルメの名店が多いことで知られる神楽坂エリア、東京都内有数の文教地区の早稲田エリア、商店街が広がる曙橋エリアの近くにありながら、閑静な住宅街が広がっている。

現在、牛込柳町エリアでは外苑東通りの拡幅に伴い「市谷柳町地区 地区計画」が策定され、「歴史を踏まえ、活気ある快適で安全なまちづくり」が進められている。今後も良好な住環境は維持されることが期待される。

歴史や文化が薫る街

「漱石公園」にある「漱石山房記念館」
「漱石公園」にある「漱石山房記念館」

牛込柳町エリア周辺は山手台地の一角にあたり、薬王寺坂や念仏坂など風情ある坂が点在する。こうした環境は著名人や文人にも愛され、夏目漱石や永井荷風なども暮らしていた。今も「新潮社」などの大手出版社が事務所を構えるほか、「新宿区立漱石山房記念館」などゆかりの施設が残る。伯爵の小笠原長幹もこのエリア周辺に居を構えたひとりで、邸宅は現在、レストラン「小笠原伯爵邸」として使われている。

「草間彌生美術館」など文化施設が充実
「草間彌生美術館」など文化施設が充実

「草間彌生美術館」をはじめ、私設ギャラリーや公共の文化ホールが多く、気軽に芸術に触れられることもこのエリアならではの魅力だ。

グルメの楽しみも豊富

フレンチの名店「L'HABITUDE(ラビチュード)」
フレンチの名店「L'HABITUDE(ラビチュード)」

牛込柳町エリアにはイタリアンの「Primo Passo (プリモ パッソ)」やフレンチの「L’HABITUDE(ラビチュード)」などグルメの名店も多い。「一汁三菜ごはん」で知られる「E-to(イート)」やニューヨークテイストのハンバーガーを楽しめる「マティーニバーガー」といった話題の店も近い。

隣接する神楽坂エリアには「め乃惣」や「AVANTI TAKAHIRO」、「神楽坂 茶寮 本店」有名な料亭や茶屋が軒を連ねる。気分やシーンに合わせてぴったりの店で食事を楽しめるだろう。

文教エリアならではの恵まれた教育・子育て環境

東京女子医科大学病院
東京女子医科大学病院

牛込柳町エリア周辺は「早稲田大学」や「学習院女子大学」が立地する文教エリアで、学習塾や習い事施設も揃うなど、教育環境に恵まれている。新宿区では2019(平成31)年度の待機児童は2人と少なく、認定こども園の開設を進めるなど、子育てしやすい環境が整う。牛込柳町エリア周辺にはかかりつけに便利なクリニックに加え、「東京女子医科大学病院」など大規模病院もあり、子どもが急に体調を崩しても安心だ。

「戸山公園」の芝生広場
「戸山公園」の芝生広場

牛込柳町エリア周辺には「牛込弁天公園」、「鶴巻南公園」、「矢来公園」など子どもの遊び場に適した公園が充実。少し足を延ばせば「戸山公園」といった大規模公園もあり、ファミリーで休日を楽しめる。

新宿区内という利便性と穏やかな佇まいが共存する牛込柳町エリア。ここでの暮らしは快適な日々になりそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ