リーズナブルなフランス料理を味わえるレストラン

L’HABITUDE(ラビチュード)

L'HABITUDE(ラビチュード)
L'HABITUDE(ラビチュード)

都営大江戸線「牛込神楽坂」駅から徒歩5分の場所にある「ラビチュード」は、フランス料理をリーズナブルに味わえるレストランだ。オーナーシェフの鈴木氏が、厳選した肉や魚、野菜などの食材を仕入れ、美味しい料理を振る舞っている。シェフのスペシャリティでもあるフランス伝統料理「鴨もも肉のコンフィー」は、ぜひ味わいたい逸品だ。85℃のガチョウの脂で3時間ゆっくりと火を入れ、ひと手間もふた手間もかけたお肉は、外はカリカリ、中はしっとり、他では味わえない美味しさに仕上げてある。

L'HABITUDE(ラビチュード)
L'HABITUDE(ラビチュード)

ランチは、前菜とメイン料理、デザートのセットメニューを1種ずつ楽しめる。それぞれ、種類もあるので選ぶ楽しさもある。前菜の一例は「北海道産 ホタテ貝とポロ葱のキッシュ」や「ワラサのカルパッチョ」、メインディッシュの一例は「豚バラ肉のやわらかシェリーヴィネガー煮込み」や「トリップ(ハチノス)の柔らかトマト煮込み」など、デザートの一例は「極上ティラミス」や「イチゴ ショートケーキ」だ。「今日はデザートいらない」という人は、前菜2種とメイン料理1種を選ぶことも可能だ。

L'HABITUDE(ラビチュード)
L'HABITUDE(ラビチュード)

ディナーは、お酒と一緒に美味しいフランス料理を味わえる時間。前菜とメイン料理とデザートのセットメニュー。前菜の「自家製ハムとピクルスの盛り合わせ」やメインディッシュの「豚の血のソーセージ ”ブーダン”」など、ワインにぴったりの料理が多い。ワインは、3,000円ほどのリーズナブルなものから用意されている。白赤合わせて40種類以上あり、選ぶ楽しさもある。ほぼ全てのボトルはハーフサイズのデキャンタで注文できるので、いろいろな種類を飲み比べることもできる。

L'HABITUDE(ラビチュード)
L'HABITUDE(ラビチュード)

オーナーシェフの鈴木氏は、神楽坂ロワズィール・ラビチュードのマネージャー・料理長として8年間の修業を積んだ後、2013年2月に師匠からお店を譲り受ける形で「ラビチュード」をオープンさせた。シェフの気さくな人柄もあり、常連客は多い。無料のメール会員になると、お店からの情報がいち早く届くそうだ。テイクアウトも人気がある。

L’HABITUDE(ラビチュード)
所在地:東京都新宿区南山伏町3-5 ウィンコート神楽坂
電話番号:03-3260-8784
営業時間:11:30~15:30(L.O.14:00)※土日祝日は16:00まで(L.O.14:30)、18:00~24:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日
https://www.at-ml.jp/68166/

詳細地図