もんじゃ振興会推薦の新鮮魚介もんじゃ

海鮮もんじゃ 片岡

東京メトロ有楽町線と都営大江戸線「月島」駅の8番出口を出て歩いて1分の場所にある「海鮮もんじゃ 片岡」。新鮮な魚介類を使った「海鮮もんじゃ」が自慢の店だ。

海鮮もんじゃ 片岡
海鮮もんじゃ 片岡

まず、最もベーシックな「もんじゃ」は「素(す)もんじゃ」。もんじゃのスープ、キャベツの、あげ玉、切りイカ、桜えびが入っているだけのものだ。このキャベツはとんかつの付け合わせ以上のキャベツを使うというから驚き。実は、「もんじゃ」はとてもヘルシーな食べ物なのだ。そして、そこにいろいろなトッピングが加わって、メニューには何種類もの「もんじゃ」が並ぶ。

月島名物、もんじゃ焼き
月島名物、もんじゃ焼き

圧倒的な人気を誇るのは「明太子+もち+チーズもんじゃ」。明太子自体やチーズ自体が苦手な場合を除くとほとんどの人が注文するという。また、各国の味を「もんじゃ」を通して味わうこともできるのもユニーク。例えば、中華の味付けをしたクラゲと焼きそばがトッピングされた「くらげもんじゃ+そば」や、挽肉、葱、豆板醤を合わせた「四川風もんじゃ」は中国風。トマトもんじゃに挽肉とチーズをトッピングした「トマトもんじゃ+ひき肉+チーズ」はイタリア風といった具合だ。

海鮮もんじゃ 片岡
海鮮もんじゃ 片岡

お好み焼きや焼きそば、焼きうどんにも、それぞれにこだわりが詰まっている。生地は気温や湿度が影響する微妙な変化を見ながら作っているという。焼き方としては、生地はよく混ぜる、生地を鉄板に乗せて形を整えたらひっくり返すとき以外はいじらない、など、ちょっとしたコツが必要だそう。また、出来上がったお好み焼きは、いろいろな方法で味わって欲しいという。特に店で勧めるのは醤油。醤油を両面に1~2滴ずつ垂らし、好みで七味を振って食べるという食べ方だ。

海鮮もんじゃ
海鮮もんじゃ

トマト、きのこ、ねぎといった野菜類のもんじゃにすれば野菜をたっぷり、じゃこ等、海鮮系の食材をトッピングすればカルシウムも摂取できる。味も、カレー味、キムチ味、味噌味と変えることができ、トッピング×味付けで組み合わせは何倍にも膨れ上がる。ぜひ、いろんな「もんじゃ」を楽しんで、自分好みの組み合わせを見つけて欲しい。

海鮮もんじゃ 片岡
所在地:東京都中央区月島1-25-9 
電話番号:03-5560-8989
営業時間:17:00~22:00(土・日曜日と祝日12:00~22:00)
定休日:無
https://r.gnavi.co.jp/a241800/

詳細地図