超高層の住宅棟を目指す再開発

虎ノ門・麻布台地区第一種再開発事業B-2街区

虎ノ門・麻布台地区第一種再開発事業B-2街区
虎ノ門・麻布台地区第一種再開発事業B-2街区

東京オリンピックを目前にして、「神谷町」駅から麻布エリアにかけての地域は、大規模な再開発が進められている。「神谷町」に近い「八幡神社」の周囲は再開発によって、複数の新たな街が誕生しようとしている。「虎ノ門・麻布台地区第一種再開発事業B-2街区」は、隣のA街区とB-1街区を結ぶ地点に建つ再開発ビル。住宅を主体に、オフィスやホテル、教育施設などが入る予定で、完成すれば、地上54階、地下5階、高さ約237メートルの超高層住宅棟になる。

虎ノ門・麻布台地区第一種再開発事業B-2街区
所在地:東京都港区虎ノ門5、麻布台1、六本木3 各地内 

読み込み中