グローバルレベルの高級住宅ブランド

愛宕山周辺地区(I地区)開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー)

愛宕山周辺地区(I地区)開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー)
愛宕山周辺地区(I地区)開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー)

出世の階段で有名な「愛宕神社」に隣接する地に建設中の、「愛宕山周辺地区(I地区)開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー)」。界隈の再開発事業を先導する「森ビル」が手掛けてきた高級住宅ブランド「MORI LIVING」の中でもトップクラスに値する、グローバルレベルのハイクオリティ住宅プロジェクトであり、54階建ての超高層ビルの中に500戸以上の住宅が提供される予定。完成後は子育て支援施設や会員制スパなども入り、入居者には良好な立地とラグジュアリーな生活の両方が提供される。

愛宕山周辺地区(I地区)開発事業((仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー)
所在地:東京都港区愛宕1、虎ノ門3の一部 

読み込み中