人と物が行き交う、世界一のビッグターミナル、新宿エリア

江戸時代に五街道の一つとして整備された甲州街道は最初の宿場として「高井戸宿」を設けていたが、江戸から遠いことから「内藤新宿」が新設されることになった。現在の「新宿」の名はここからきている。現在の新宿エリアにあたる「内藤新宿」は江戸四宿のひとつとして栄えた。

江戸名所図会(国会図書館蔵)
江戸名所図会(国会図書館蔵)

1885(明治18)年に日本鉄道品川線(現・JR山手線)が開通して「新宿」駅が開業。1889(明治22)年に甲武鉄道(現・JR中央線)が乗り入れたことをきっかけに、鉄道の要衝に発展していく。

関東大震災後、被害が比較的軽微であった東京西部地域の開発が進められたことに合わせて、これらのエリアに私鉄各線が開設されていく。「新宿」駅にも京王電気軌道(現・京王電鉄京王線)、小田原急行鉄道(現・小田急小田原線)などが乗り入れ、ターミナル駅として成長した。

バスタ新宿
バスタ新宿

「新宿」駅周辺には商店や飲食店が増え、昭和初期には都内屈指の歓楽街として知られるようになる。開発が遅れていた「新宿」駅の西側でも1965(昭和40)年に「淀橋浄水場」跡地で新宿副都心の開発が行われている。1991(平成3)年には「東京都庁」が移転するなど、次々と高層ビルが誕生し、今日見られるような高層ビル群が形成された。

西新宿周辺
西新宿周辺

新宿エリアのさらなる発展を目指し、新宿区と東京都は2018(平成30)年に目指すべき将来像とまちづくりの方向性を示す「新宿の新たなまちづくり~2040年代の新宿の拠点づくり~」を策定した。「新宿」駅直近地区の再編を契機に、拠点性を活かした多様な機能の集積や交流空間の整備、歩行者の回遊性の向上を図ることを目指している。

(出典:「新宿の新たなまちづくり~2040年代の新宿の拠点づくり~」)
(出典:「新宿の新たなまちづくり~2040年代の新宿の拠点づくり~」)

「新宿」駅周辺ではこの計画に沿ってシンボルとなる「新宿セントラルプラザ」の整備、東西デッキの新設、駅前広場の再構成などが行われる予定だ。今後、新宿エリアはさらなる進化を遂げるだろう。