駅高架化とエリアマネジメントで将来性も豊かな足立区竹ノ塚エリア

東京23区の北東に位置する足立区は、都心にアクセスしやすく、穏やかな佇まいに恵まれていることから、古くから住宅地として発展し、現在は成熟した街に成長している。足立区の北部に広がる竹ノ塚エリアでも1960年代から大規模な団地が開発され、住み心地の良いベッドタウンとして発展した。交通アクセスに恵まれ、ショッピング施設も多いことから、暮らしやすい住宅地として高い人気を維持し続けている。

都心を身近に感じるアクセス力

「竹ノ塚」駅の東武スカイツリーラインの車両
「竹ノ塚」駅の東武スカイツリーラインの車両

「竹ノ塚」駅に発着する東武スカイツリーラインの電車は、東京メトロ日比谷線へ直通運転しており、「上野」駅や「銀座」駅、「霞ヶ関」駅、「六本木」駅などへダイレクトアクセス可能だ。「竹ノ塚」駅始発となる電車があるのもうれしいポイント。

また、「竹ノ塚」駅から1駅目の「西新井」駅では、急行や準急に乗り換えできるほか、急行や準急は「押上」駅から東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線に直通しており、「錦糸町」駅や「永田町」駅、「表参道」駅、「渋谷」駅などへのアクセスもよい。

「北千住」駅からは、JR常磐線や東京メトロ千代田線、つくばエクスプレスが利用でき、「秋葉原」駅からはJR中央・総武線各駅停車に乗り換えができ、都心のあらゆるエリアへスムーズにアクセスできる。たとえば「北千住」駅で東京メトロ千代田線に乗り換えれば、「大手町」駅まで35分でアクセス可能だ。

スーパーマーケットや商店街が充実

竹ノ塚エリアは買い物も便利だ。スーパーマーケットは「ピーコックストア 竹の塚店」、「マックスバリュ 竹の塚店」と多くの店が集まる。特に「西友 竹の塚店」は24時間営業で使いやすい。

多彩な店が並ぶ「カリンロード商店街」
多彩な店が並ぶ「カリンロード商店街」

ディスカウントストア「ドン・キホーテ 竹の塚店」、100円均一ショップやドラッグストアが入る「竹の塚Joyぷらざ」も近い。ほかにも、「竹ノ塚」駅周辺には「竹の塚一番街」、「竹の塚駅前名店街」、「カリンロード商店街」、「四季通り商店街」、「ニコニコ通り商店街」と5つの商店街が広がり、多彩な買い物ニーズに応えてくれる。

安心の子育て環境

「足立保健所 竹の塚保健センター」内には「子育てサロン竹の塚」もある
「足立保健所 竹の塚保健センター」内には「子育てサロン竹の塚」もある

足立区では子育て支援にも力を入れている。特に、「子育てサロン」は区内に65ヶ所設置されており、23区内でもかなり多い。「商業施設等内の子育てサロン」と「拠点型子育てサロン」、「児童館子育てサロン」の3タイプが整備されており、買い物の際や自宅の近くなど、気軽に利用することができる。竹ノ塚エリア周辺では、「足立保健所 竹の塚保健センター」内に「子育てサロン竹の塚」があり、今後は商業施設等内の子育てサロン整備も検討されている。

ほかにも「竹の塚地域学習センター」での交流サロン、「ふらっと庵」や「みんなのおうち」でのふれあいサロンが開かれており、親子の交流の場は豊富だ。足立区では妊娠時に足立区立保育園を「マイ保育園」として登録しておくと、保育士などによる子育て相談、子育てファミリー向けの行事案内なども行ってくれる。

また、足立区では保育施設の整備にも力を入れており、2021(令和3)年4月には「保育所等待機児童数ゼロ」を実現した。竹ノ塚エリアにも「竹の塚北保育園」、「こころたけのつか保育園」、「伊興すみれ保育園」など多数の保育施設が揃う。「ぱんだ保育園」では日曜、祝日の保育に対応しているのもうれしい。

自然も豊富なロケーション

子どもの遊び場に適した「竹の塚第一公園」
子どもの遊び場に適した「竹の塚第一公園」

「竹ノ塚」駅から東に延びる「竹の塚けやき大通り」の街路樹など竹ノ塚エリアは緑にも恵まれている。「竹の塚けやき大通り」では冬にイルミネーションが実施され、行き来する人たちの目を楽しませてくれる。竹ノ塚エリア内には「竹の塚第一公園」、「竹の塚第二公園」、「竹の塚第三公園」といった公園も多く、子どもの遊び場や近隣の人たちの憩いの場として親しまれている。

ほかにも、バーベキュー広場やドッグランなど多彩な施設が揃う「舎人公園」や、「足立区生物園」も併設する「元渕江公園」など大規模公園も身近だ。

進行する竹の塚エリアデザイン計画

高架化が完了した「竹ノ塚」駅
高架化が完了した「竹ノ塚」駅

「竹ノ塚」駅では、2012(平成24)年から駅高架化工事が進められ、2022(令和4)年3月に上下緩行線の高架橋での運行が開始した。これにより「竹ノ塚」駅のバリアフリー設備が整備されるほか、慢性的な渋滞解消、安全性向上、「竹ノ塚」駅東西の一体化による街の活性化などが期待される。

「竹ノ塚」駅を中心とした半径約1kmの範囲では、足立区によりエリアデザイン策定を進めるなど、時代の変化に合わせたまちづくりが進められている。現在は住民へのアンケートなどでまちづくりの意向を把握しており、今後は「竹ノ塚」駅高架化以降の街の動きを2024(令和6)年度まで確認しつつ、エリアデザインを策定する計画だ。

暮らしの利便性に恵まれ、今後のさらなる発展も期待される竹ノ塚エリア。ここは住まいの場として理想的な条件が揃っている。

駅高架化とエリアマネジメントで将来性も豊かな足立区竹ノ塚エリア
所在地:東京都足立区 

あわせて読みたい。関連ページ