気品ある“花”のように店を彩るお菓子たち

Patisserie Abloom(パティスリー アブルーム)

華やかな「Patisserie Abloom」店内
華やかな「Patisserie Abloom」店内

 西武池袋線「石神井公園」駅西口改札を北側に出てすぐ、鉄道の高架と富士街道が交差する角地に佇む洋菓子店「Patissier Abloom(パティスリー・アブルーム)」。店内は、“花が咲いて”という意味を持つ店名の「Abloom」そのままに、壁には色鮮やかな花々が散りばめられ、ショーケースの中には心浮き立つような洋菓子が並んでいる。“美味しそう”であることはもちろんだが、同時に“美しい”とその造形に見とれてしまうスイーツたちなのだ。

「石神井公園」駅の近くに店を構える
「石神井公園」駅の近くに店を構える

そんな“味わえる芸術品”を創り上げているのがオーナーシェフの朝倉氏。「パークハイアット東京」「ザ・ペニンシュラ東京」といった一流ホテルでのパティシエとしての経験から、さまざまな国の人たちの多彩なニーズに応えてきたこともあり、この緑豊かな武蔵野の面影を残す石神井公園エリアという地域に合わせてカスタマイズ。ハイグレードでスタイリッシュな表現に加え、親しみやすいアットホームな味わいも追求している。そこには、同店のお菓子を通じて、地域の人たちが日々の生活の中に幸せで素敵な花を咲かせられますように…という想いが込められている。

愛され続けるオーソドックスな洋菓子
愛され続けるオーソドックスな洋菓子

朝倉氏がとくに注力しているのは、シンプルかつオーソドックスなスタイルのお菓子で、ショートケーキやロールケーキ「CROSSロール」、シュークリーム「アブルーム de シュー」といった通年で販売している商品群である。洋菓子店の定番商品だからこそ、お客様が食べ比べることで違いや好みを実感できるという。そのため、生地やクリームなどの素材・製法、そして“表現”に至るまで、とことんこだわり抜いている。

王道の「苺のショートケーキ」
王道の「苺のショートケーキ」

たとえば、シュークリームのカスタードクリームは岩手県産の乳脂肪が豊富な牛乳と「那須御養卵」を使用しており、生クリームは2種類をブレンドして使っている。時間の経過でしっとり感が増すタイプの薄力粉を使うことで、皮にクリ-ムを馴染ませ、時間がたっても美味しいシュークリームに仕上げている。また、ショートケーキは伝統的な製法を踏襲しつつも、きめ細かな口どけの良さが際立つスポンジと、複数の厳選した生クリームをブレンドして使用。前日に生地を重ねて味を馴染ませ、香りも落ち着かせることで、まるみのある味わいとなるのだ。そのため、当日に製造したものは販売しない。ショートケーキを彩るフルーツも旬の味覚にこだわり、12月から6月まではイチゴを使用するが、夏は桃やマンゴー、メロン、秋は栗や洋梨を使う。スタンダードなお菓子では洋菓子の基本であるカスタードクリーム、スポンジ、生クリームで同店の味を知ることができる。

サプライズが仕掛けられたオリジナルスイーツ
サプライズが仕掛けられたオリジナルスイーツ

もちろん、エッジが効いたオリジナルスイーツも用意されており、見た目だけでは味が想像できないようなサプライズが隠されている。写真は左がココナッツバナナタルトの上にパッションブーストをのせた「トロピカルシブースト」、手前がマスカルポーネと焦がし蜂蜜のさっぱりしたムース「ミエル」、右奥が濃厚なチョコレートケーキにラズベリーの酸味がアクセントとなっている「テリーヌショコラスペシャル」。これらの新作スイーツは随時、同店のFacebookに紹介されているが、サプライズ素材について明かされていないのは朝倉氏の遊び心とサービス精神によるものだろう。こだわりのお菓子たちに込められた朝倉氏の想いを楽しみながら、味わいながら、ぜひ受け取ってほしい。

Patisserie Abloom(パティスリー アブルーム)
所在地:東京都練馬区石神井町4-2-6 CROSSビル1F
電話番号:03-6913-2007
営業時間:10:30~20:00
定休日:水曜日、第3火曜日
http://patisserie-abloom.com/

詳細地図