常時13種類のクラフトビールが楽しめる

NIHONBASHI BREWERY.

食堂みたいな雰囲気が漂う大きなテーブル
食堂みたいな雰囲気が漂う大きなテーブル

オフィス街の一角に、おしゃれな外装のビルがある。その1階にあるのが、2016(平成28)年11月にオープンしたクラフトビール専門店「NIHONBASHI BREWERY.(日本橋ブルワリー)」だ。「馬喰横山」「東日本橋」「小伝馬町」「馬喰町」「人形町」のどの駅からも5~7分という場所にあり。

L字型のカウンター内にある、13個のビールタップ
L字型のカウンター内にある、13個のビールタップ

常時13種類のクラフトビールがあり、それぞれS・M・Lの3サイズから選べる。Sサイズは220mlで380円。アルコールに強くない人でも少量ずつ何種類も試せるのが魅力だ。

ベイス氏と写っているのは、修行時代の代表と店長
ベイス氏と写っているのは、修行時代の代表と店長

看板メニューは、「NIHONBASHI IPA」。数々の受賞歴を誇るアメリカのポートランドにあるオーガニックビール醸造所「Hop works Urban Brewery」のトレヴァー・ベイス醸造長が、同店のために考案した。

日本酒のように升にこぼして飲む“酒スタイル”
日本酒のように升にこぼして飲む“酒スタイル”

この「NIHONBASHI IPA」はヒノキの香りと相性が良く、升で飲む“酒スタイル”も楽しめる。お通しで出される、ローストした麦芽ともよく合う。

入口付近には、日本橋関連の本や冊子が置かれている
入口付近には、日本橋関連の本や冊子が置かれている

マッシュポテトに半熟玉子を割り入れてマヨネーズと混ぜた「とろけるポテサラ」をはじめ、「三浦野菜のピクルス」や「白モツのトマト煮込み」など、おつまみも美味しいと評判だ。オープンな雰囲気やフレンドリーな接客の賜物だろう。女性客も多く、週末は子ども連れで利用する人もいるそうだ。

また、近くでは系列店のビストロ「UNON SAND YARD」が営業しており、こちらは自然派ワインと旬の野菜を使ったメニューを楽しむことができる。どちらも大人の素敵な雰囲気を楽しめるお店なので、その日の気分で気ままに訪れてみてはいかがだろうか。

NIHONBASHI BREWERY.
所在地:東京都中央区日本橋富沢町10-13 &WORK NIHONBASHI 1F
電話番号:03-6231-0226
営業時間:11:30~23:00(日曜日・祝日は22:00まで)※L.O.閉店1時間前
定休日:不定休
http://www.zot-inc.com/SHOP/nihonbashibr..

詳細地図