閑静な住宅街とにぎやかな商店街が魅力の祖師ヶ谷大蔵エリア

緑豊かで暮らしやすい住宅地

祖師ヶ谷大蔵エリアの街並み
祖師ヶ谷大蔵エリアの街並み

小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵」駅周辺に広がる祖師ヶ谷大蔵エリアは、活気あふれる「ウルトラマン商店街」が広がり、スーパーマーケットやドラッグストアが多く買い物の利便性が高い。「東京都立砧公園」や「蘆花恒春園」、「祖師谷公園」など大規模公園も身近で、快適に暮らせる街だ。

東京メトロ千代田線直通電車も停車

小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵」駅
小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵」駅

祖師ヶ谷大蔵エリアは交通アクセスの利便性も高い。最寄りとなる「祖師ヶ谷大蔵」駅から小田急小田原線に乗れば「下北沢」駅や「新宿」駅にダイレクトアクセス可能だ。「祖師ヶ谷大蔵」駅には各駅停車のほか準急も停車し、利用できる電車の本数が多いのもうれしい。

準急は「代々木上原」駅から東京メトロ千代田線へ直通運転しており、「表参道」駅や「大手町」駅などへも乗り換えなしで移動できる。「新宿」駅での乗り換えや、東京メトロ千代田線直通電車利用で、都心の主要駅へ30分程度でアクセスできる。小田急小田原線の下り電車に乗れば、江の島や箱根などリゾート地にアクセスしやすく、観光・レジャーも気軽に楽しめる。

「祖師ヶ谷大蔵」駅からは「渋谷」駅や「用賀」駅に向かうバスのほか、「ウルトラマン商店街」、「砧総合支所」などを循環する祖師谷・成城地域循環路線「せたがやくるりん」もあり、目的地によってはバスの利用も便利だろう。

商店街と商業施設が充実

にぎやかな「ウルトラマン商店街」
にぎやかな「ウルトラマン商店街」

「祖師ヶ谷大蔵」駅周辺には「祖師谷みなみ商店街」、「祖師谷商店街」、「祖師谷昇進会商店街」と3つの商店街が広がる。祖師ヶ谷大蔵エリアにはかつてウルトラマンを制作した「円谷プロダクション」の本社があったことから、これらの商店街は「ウルトラマン商店街」と呼ばれるようになった。

祖師ヶ谷大蔵エリアでは、この「ウルトラマン」を核にしたまちおこしをおこなっており、「円谷プロダクション」も全面協力し、年に数回ウルトラマンとの握手会が開催されるなどウルトラマンにちなんだイベントが行われている。「祖師ヶ谷大蔵」駅にはウルトラマンの像があるほか、「ウルトラマン商店街」には作品に登場するウルトラ怪獣やキャラクターの旗がはためく。商店街では、ウルトラマンまんじゅう、ウルトラマンライター、ウルトラマン商店街Tシャツなど関連グッズ販売もある。

日常の買い物に便利な「サミットストア 祖師谷店」
日常の買い物に便利な「サミットストア 祖師谷店」

祖師ヶ谷大蔵エリアには「サミットストア 祖師谷店」、「オオゼキ 祖師谷大蔵店」、「まいばすけっと 祖師ヶ谷大蔵駅東店」などスーパーマーケットが多く、買い物の選択肢に恵まれている。スーパーマーケット「サミットストア 砧店」などが入る「ガーデニエール砧商業棟」、スーパーマーケット「Table KINOKUNIYA SOCOLA用賀」などがある「SOCOLA(ソコラ)用賀」、「ユニクロ 世田谷千歳台店」といった環八通り沿いのロードサイド型大規模ショッピング施設も使いやすい。

公共施設や医療機関も身近に

「世田谷区 砧総合支所」
「世田谷区 砧総合支所」

住民票交付などの行政手続きは「祖師ヶ谷大蔵」駅の隣駅となる「成城学園前」駅前にある「世田谷区 砧総合支所」で可能だ。ここは祖師ヶ谷大蔵エリアから徒歩や自転車でもアクセスできる距離にある。さらに「祖師谷まちづくりセンター」や「砧まちづくりセンター」でもマイナンバーカードがあれば自動交付機で住民票などを受け取れるほか、住民票などの取り次ぎ交付にも対応している。

祖師ヶ谷大蔵エリアからは「世田谷区立砧図書館」が近く、公共サービスも利用しやすい。「世田谷区 砧総合支所」併設の「砧区民会館(成城ホール)」では各種の講演会や公演が行われており、こうした催しにも気軽に参加できる。

祖師ヶ谷大蔵エリア周辺にはかかりつけに便利なクリニックのほか、「国立成育医療研究センター病院」や「関東中央病院」といった大規模病院があるのも安心だ。

保育施設が充実し、子育てファミリーも安心

幼稚園から大学まである「成城学園」
幼稚園から大学まである「成城学園」

祖師ヶ谷大蔵エリア周辺には商学部の学生が利用する「日本大学 砧キャンパス」や幼稚園から大学まで一貫した教育を提供する「成城学園」など教育施設が多く、文教エリアとしての側面も持つ。

新しい施設が心地よい「ひなたの森保育園」
新しい施設が心地よい「ひなたの森保育園」

また、周辺には「ひなたの森保育園」や「区立南大蔵保育園」、「太陽の子 千歳台二丁目保育園」など保育施設も豊富だ。世田谷区はかつて保育所等待機児童数が多かったが、私立の認可保育園を2015(平成27)年度の80園から2020(令和2)年4月1日に179園へ増やすなど、保育施設の整備に力を入れてきた。特に2019(平成31)年から2020(令和2)年の1年間で22園の保育施設が増え、2020(令和2)年4月1日には保育所等待機児童数ゼロを達成している。

世田谷区では2015(平成27)年に「世田谷区保育の質ガイドライン」として、子どもが快適に過ごせる保育施設の基準を定めた。単に保育施設の数を増やすだけでなく、保育の質にもこだわっていることが世田谷区の特徴だ。

四季を感じながら暮らす

緑豊かな「砧公園」
緑豊かな「砧公園」

祖師ヶ谷大蔵エリアは緑を感じられる場所も多い。「祖師谷ふれあい遊歩道」や仙川沿いの遊歩道は桜が美しく、春には多くの人が花見を楽しむ。芝生広場が心地よい「東京都立砧公園」、多彩なスポーツ施設がそろう「世田谷区総合運動場(大蔵運動公園)」、水辺を散策できる「祖師谷公園」、武蔵の面影を感じられる「蘆花恒春園」など大規模公園も近い。

暮らしの利便性に恵まれ、緑も豊富な祖師ヶ谷大蔵エリア。ここは確かな魅力にあふれた住宅地だ。

閑静な住宅街とにぎやかな商店街が魅力の祖師ヶ谷大蔵エリア
所在地:東京都世田谷区 

あわせて読みたい。関連ページ