目にも美味しい白金の洋菓子店

パッション ドゥ ローズ(Passion de Rose)

パッション ドゥ ローズ(Passion de Rose)
パッション ドゥ ローズ(Passion de Rose)
2013(平成25)年4月のオープンより、テレビや雑誌など各種メディアで取り上げられることも多い白金の洋菓子店「パッション ドゥ ローズ(Passion de Rose)」。ひと目見たら忘れられない真っ赤なバラをモチーフにしたケーキは、誕生日や記念日など特別な日にはもちろん、何気ない日常を一瞬にして非日常へと誘ってくれる逸品だ。

見た目もそっくりな「ローズ」
見た目もそっくりな「ローズ」
最寄りとなる「白金高輪」駅4番出口より徒歩2分。スタイリッシュな駅前の街並みに呼応するかのような赤い外観がひと際目を引く同店。季節を迎えると店頭に大きなバラも咲き誇るようで、真っ赤なバラに込められたシェフの想いがあちこちに感じられる。

ショーケースに並ぶ30種ほどの生ケーキの中でも、バラをモチーフにした「ローズ」(税込580円)をはじめ、鮮やかな黄色が眩しい「パッション」(税込580円)の人気が高く、数々の名店で研鑽を重ねた田中シェフの技術と感性が生かされている。

色鮮やかな生ケーキ
色鮮やかな生ケーキ

恵比寿の「タイユバン・ロブション」でジョエル・ロブション氏にお菓子作りを学んだほか、アラン・デュカス氏が手がける青山の「BENOIT(ブノワ)」や「ピエール・エルメ・パリ」ではスーシェフを務めるなど、伝統的なフランス菓子に精通したシェフだからこそ表現できる造形の美しさに出会えるだろう。

プレゼントにもピッタリ
プレゼントにもピッタリ
ファンの中には4号サイズの「ローズ」(税込3,900円)を注文する人も多く、フランボワーズのクリームを一枚一枚、丁寧に絞り出して仕上げた直径20cmほどの大輪のバラは、まさに芸術作品。

見た目もさることながらフランボワーズとチョコレートタルトの組合せも上品な味わいで、一度食べたら忘れられないだろう。大きなサイズのアントルメは1週間前までの予約がオススメ。

店内には4席分のカフェスペースがあるほか、天気の良い日にはテラス席も利用できるようで、買い物はもちろん、カフェ感覚で気軽に立ち寄れるのも嬉しいポイントだ。2020(令和2)年3月中旬に再開予定。

パッション ドゥ ローズ(Passion de Rose)
所在地:東京都港区白金1-13-12 
電話番号:03-5422-7664
営業時間:10:00~19:00
https://www.facebook.com/Passion-de-Rose..

詳細地図