昭和の香りただよう「魚らん商店会」の食堂

三河屋食堂

レトロな外装
レトロな外装
1932(昭和7)年の創業より4代続く地域に根ざした定食屋さん「三河屋食堂」。古き良き昭和の面影が漂うレトロな雰囲気にファンも多く、気取らず気兼ねなく食事ができるお店として広く親しまれている。

最寄りとなる東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪」駅2番出口より徒歩4分。魚らん坂の坂下に位置する「魚らん商店会」のお店のひとつで、レトロでありモダンなエッセンスも感じられる独特な魅力に包まれている。

どこか懐かしくホッとする店内
どこか懐かしくホッとする店内
4代目店主の孝政さんがお店に立つようになったのは5年ほど前のこと。他の飲食店で修行をした経験を生かしてメニューのおよそ半数を見直す大きな改革を行なったそうだ。

「さば味噌煮」(単品500円)や「豚もつ煮込み」(単品500円)といったファンの多い看板商品はそのままに、「特製煮豚」や「あじフライ」、「ハムカツ」といったお酒のおつまみにも最適な50種類以上もの充実した手書きメニューが揃っている。

「三河屋食堂」の手書きメニュー
「三河屋食堂」の手書きメニュー
また店内奥のホワイトボードに記された定食も、ほぼ毎日、日替わりで提供しているのが特徴で、目玉焼きが付いた「カレーライス」や、とろろいもが付いた定番の「豚もつ煮込み」定食を求め、1週間に2度、3度…と足繁く通う常連客も多いそうだ。

人気の高い「さば味噌煮」定食は、仕込みの状況や売り切れてしまうことも多いそうで、見かけたらぜひ一度味わってみたい。

さば味噌煮
さば味噌煮
「いらっしゃい!」威勢の良いかけ声に迎えられるのもこの界隈では貴重な経験で、お腹はもちろん心も元気いっぱいに満たされるオアシスのような空間だ。

三河屋食堂
所在地:東京都港区三田5-16-13 
電話番号:03-3441-3506
営業時間:11:30~13:30、17:30~22:00
定休日:土・日曜日、祝日
https://www.facebook.com/mikawaya.shokud..

詳細地図