公園とスポーツセンターを中心とした総合施設

三鷹中央防災公園・元気創造プラザ

三鷹中央防災公園・元気創造プラザは、災害に強いまちづくりと多様な機能が融合した元気創造拠点として2017(平成29)年にオープン。「SUBARU総合スポーツセンター」や「子ども発達支援センター」、「総合保健センター」などを兼ね備え、「子どもの健やかな育ち」「高齢者・障がい者を含むすべての市民の福祉の向上ならびに健康の保持増進」「防災対策の促進」「生涯学習・スポーツ推進」といった多様な機能がある。

「SUBARU総合スポーツセンター」は、メインアリーナ、サブアリーナ、プール、武道場、小体育室、トレーニング室、軽体操室などがある。バスケットやバドミントン、卓球、ストレッチ、ヨガ、ボルダリングなど、軽スポーツから競技スポーツまで幅広い層が利用可能だ。

1階には「子ども発達支援センター」。関係機関とのネットワークを構築し、支援が必要な子どもの早期療育に係るワンストップサービスに取り組み、包括的に子どもの発達を支援している。2階の「総合保健センター」では、各種健康診査、健康相談、予防接種や健康づくりに関する事業、休日歯科応急診療などを行っている。また、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援として出産・子育てを応援する積極的な情報発信を行っている。

3階には社会福祉協議会のある「福祉センター」、4階・5階には「生涯学習センター」が入る。5階には「総合防災センター」があり、災害発生時の災害対策本部などの運営や防災訓練の実施、自主防災組織の育成、安全安心・市民協働パトロールなどの業務を行っている。

施設の目の前に広がる三鷹中央防災公園は、広さ3,300㎡の開放的な空間「日本無線 中央広場」を中心に、西広場と東広場からなる。健康器具や円形のベンチがあり、季節の植物に囲まれて居心地がいい。施設の1階にある休憩コーナーには食品の自動販売機があり、毎週⽕曜⽇と⽊曜⽇のお昼はパンの出張販売もある。(緊急事態宣言により休館中は、出張販売はありません。また、水分補給を除き、飲食を禁止しています。)

三鷹中央防災公園・元気創造プラザ
所在地:東京都三鷹市新川6-37-1 
電話番号:0422-45-1111
開館時間:施設により異なる
※三鷹中央防災公園は年中無休
https://www.mitakagenki-plaza.jp

詳細地図