世界の「SHIBUYA」を目指して、大規模開発が進む「渋谷」駅周辺

次の100年へつなげる大規模開発がスタート

古くから都内有数のターミナルとして、ショッピングタウンとして発展した「渋谷」駅周辺。より魅力ある街へと成長させるため、渋谷区は2003(平成15)年に「渋谷駅周辺整備ガイドプラン21」を策定し、まちづくりの検討を開始した。2005(平成17)年には「渋谷駅周辺地域」が都市再生緊急整備地域に指定され、「渋谷」駅中心地区の都市基盤を、新たな都市空間として再構築し、次の100年へとつなげるための開発が本格的に動き出した。

渋谷駅

2008(平成20)年の東京メトロ副都心線「渋谷」駅が開業し、さらにターミナルとしての機能が強化された。こうした背景もあり、2010(平成22)年には「渋谷」駅周辺の再開発と連携し、にぎわいと回遊性のある安全・安心で歩いて楽しいまちづくりを推進するために「渋谷駅中心地区まちづくり指針2010」が策定されている。

「渋谷駅中心地区まちづくり指針2010」の指定範囲(出典:渋谷区HP)

この指針では、渋谷駅中心地区の将来像を「世界に開かれた生活文化の発信拠点”渋谷”のリーディングコア」と定め、住民や渋谷に関わる多様な人々とともに創り上げる協奏するまちづくりを進めることとなった。

2016(平成28)年には「渋谷区基本構想」も策定され、「渋谷」駅周辺をパリやニューヨークなどと並び称される高度な国際競争力や、強い地域性をもつ『成熟した国際都市』となる街の将来像が示されている。

カルチャーやエンターテイメントの街も目指す

2012(平成24)年に誕生した「渋谷ヒカリエ」

「渋谷」駅に2路線を乗り入れる東急電鉄も世界を牽引する新しいビジネスやカルチャーを発信するステージとして「エンタテイメントシティSHIBUYA」というキャッチフレーズを掲げ、「渋谷」駅周辺の開発を積極的に進めている。2012(平成24)年に誕生した「渋谷ヒカリエ」を皮切りに、現在も「渋谷」駅周辺では複数の大規模開発が進行中だ。

また、「渋谷」駅周辺では街のにぎわいを創出するため、文化の発信にも力を入れている。これにより、ビジネスだけでなく、映画やファッションなどさまざまなエンターテイメントが集積する街へと進化を遂げつつある。

「渋谷」駅構内の動線改良や広場空間の整備も行われる

「渋谷」駅は構内の動線が煩雑で、人が集まる空間が少ないという問題点もあった。そこで、大規模開発に合わせて「渋谷」駅構内の動線が改良されるほか、官民連携による渋谷川の再生、遊歩道の整備、ビルの前への広場の設置も行われる。

蘇った渋谷川

大規模開発が完成を迎えることに、「渋谷」駅の利便性は向上し、自然の潤いが感じられる、居心地の良い街に進化していくことだろう。

詳細地図