都心の利便性に恵まれながら、更なる発展も期待されるウォーターフロントの街、港区芝浦4丁目エリア

「田町」駅周辺の街並み
「田町」駅周辺の街並み

東京都港区はオフィス街として知られるが、マンションなども多く住まいの場としても人気が高い。「三田」駅、「田町」駅の南側、「高輪ゲートウェイ」駅の北東に位置する芝浦4丁目エリアは近年、「芝浦アイランド」に象徴されるように、再開発で整備されたマンションが建ち並ぶ。公共施設やスーパーマーケット、スポーツクラブなどがコンパクトな範囲に揃うウォータ―フロントの住宅地として注目されるようになった。

再開発で今後の利便性向上も期待

2020(令和2)年に開業した「高輪ゲートウェイ」駅
2020(令和2)年に開業した「高輪ゲートウェイ」駅

芝浦4丁目エリア周辺には2020(令和2)年にJR山手線とJR京浜東北線が停車する新駅「高輪ゲートウェイ」駅が開業した。「高輪ゲートウェイ」駅はQRコードを使った自動改札、AI案内ロボットの配置、無人コンビニエンスストア開設など次世代の駅へ向けて新しい技術が導入されたことでも注目された。「高輪ゲートウェイ」駅周辺では「グローバルゲートウェイ品川」としてオフィスやショッピング施設、ホテル、コンベンション施設などが開発されることになっており、今後順次オープンを迎えることになる。

「田町」駅周辺でも再開発が進んでいる。2018(平成30)年には、複合施設「msb Tamachi(ムスブ タマチ)」が誕生。2023(令和5)年にはオフィスやショッピング施設が入る「(仮称)TTMプロジェクト」のほか、「三田三・四丁目地区再開発」も完成する予定だ。芝浦一丁目エリアでも「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」の再開発が始動し、超高層ツインタワービルを建てる「(仮称)芝浦一丁目計画」が2031(令和13)年の完成に向け進んでいる。

徒歩圏内で多数の路線を利用可能

「田町」駅から繋がるペデストリアンデッキ
「田町」駅から繋がるペデストリアンデッキ

芝浦四丁目エリアは交通アクセスの利便性も高い。徒歩圏内でJR山手線、JR京浜東北線「田町」駅や都営地下鉄浅草線、都営地下鉄三田線「三田」駅など多数の駅や路線が利用でき、「東京」駅まで6分、「品川」駅まで4分、「渋谷」駅まで16分、「新宿」駅まで23分と都心部の広いエリアにスムーズにアクセス可能だ。首都高速1号羽田線「芝浦」出入口まで約2分と、カーアクセスにも恵まれている。

2027(令和9)年に開業予定のリニア中央新幹線の起点となる「品川」駅も近いため、今後さらにアクセス利便性が高まることが期待される。

買い物環境も充実

多くの専門店やグルメ店も入る「msb Tamachi(ムスブ タマチ)」
多くの専門店やグルメ店も入る「msb Tamachi(ムスブ タマチ)」

芝浦4丁目エリアは買い物も便利だ。「msb Tamachi(ムスブ タマチ)」には、スーパーマーケット「ライフ ムスブ田町店」をはじめ「くまざわ書店 田町店」など専門店も入る。スーパーマーケットはほかにも「ピーコックストア グランパーク田町店」や「まいばすけっと芝浦3丁目店」、「肉のハナマサ 芝浦店」など多数の店が近い。

人気のグルメ店も多い「芝浦商店会」
人気のグルメ店も多い「芝浦商店会」

芝浦3丁目エリアには120店舗以上もの店が軒を連ねる「芝浦商店会」も広がり、人気のグルメの店も多い。

自然に親しめるスポットや子育て施設も身近

水辺の散策を楽しめる「新芝運河沿緑地」
水辺の散策を楽しめる「新芝運河沿緑地」

芝浦4丁目エリア周辺では「新芝運河沿緑地」など水辺の散策を楽しめることも魅力だ。とくに「芝浦中央公園」にはアスレチック遊具やドッグラン、芝生広場、テニスコートなど多彩な施設が揃い、バラ園や日本庭園など緑に親しめるスポットもある。「港区スポーツセンター」や、スケートボードパークがある「夕凪橋際遊び場」などスポーツ施設も身近だ。

徒歩3分の「港区立芝浦小学校」
徒歩3分の「港区立芝浦小学校」

港区は中学3年生までは医療費無料、2人目の子どもは保育料無料など子育て支援が充実していることも特徴だ。芝浦4丁目には「港区立芝浦小学校」や「港区立芝浦幼稚園」があり、「港区子育てひろば あっぴぃ芝浦」、「港区立芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ(あいぷら)」といった子育て支援施設に近く、とくに子育てしやすい街と言えよう。

都心に位置しながら、水と緑が身近で穏やかな環境が寄り添う芝浦4丁目。ここでは快適な暮らしを満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ