梅まつりで有名な区立公園

子どもから大人までが楽しめる「羽根木公園」の魅力をレポート!

小田急小田原線「梅ヶ丘」駅の北側には、自然豊かな「羽根木公園」が広がっています。小高い丘にあり、雑木林に囲まれた園内には迷路やプレーパークなど子どもが遊べるスポットが充実!梅や桜の名所としても知られており、ファミリーで様々な楽しみ方ができる公園となっています。そこで実際へ行ってみて、魅力をレポートします!

「羽根木公園」梅ヶ丘口の様子
「羽根木公園」梅ヶ丘口の様子

子どもも大喜びの遊び場

「羽根木公園」に到着しました。さっそく園内に入ってみると、様々なスポットで構成されており、どこから巡るか迷うほどです。そんな中からまずは、子どもの遊び場からご紹介!「迷路の遊び場」は、その名の通り1mほどの黄色い壁で仕切られてた迷路で、おいかけっこやかくれんぼをして遊べます。土管のトンネルやカラフルな鉄棒の障害物もあったりと、かなり本格的なつくり♪コブつき滑り台も設置されており、どの子どもも本当に楽しそうに笑顔で遊んでいます。

土管のトンネルもある!

「迷路の遊び場」で遊ぶ子どもたち
「迷路の遊び場」で遊ぶ子どもたち

緩急がついて楽しい♪

賑わう「コブつき滑り台」
賑わう「コブつき滑り台」


冒険遊び場の元祖!「羽根木プレーパーク」

迷路の南側には、「羽根木プレーパーク」という冒険遊び場が広がっています。今でこそ様々な公園にプレーパークが設置されていますが、こちらはその元祖!全国で初めて開設されたプレーパークとして知られて、焚き火、木登り、穴掘りなどをどろんこになって楽しめます。手作りのブランコやターザンロープ、木製の板で作られた滑り台などもあり、まさに冒険気分!プレーワーカーという大人が見守ってくれているので安心安全の環境となっており、色々な遊びも教えてくれたりします。さらに子どもが楽しめるイベントも開催されており、中には「音工場Omori バリ島のガムランと舞踊のコンサート」といった大人も楽しめるものもあります。

全国初のプレーパーク!

「羽根木プレーパーク」入口
「羽根木プレーパーク」入口

冒険気分で遊べます

「羽根木プレーパーク」の様子
「羽根木プレーパーク」の様子


小さなお子さん向けのスペースも

小さいお子さんは、「児童遊園」があるので安心です。球状のジャングルジムや滑り台、ブランコなどで構成されており、親御さんが見守る中で楽しく遊べます。このように子どもの年齢に合わせて、遊び場を使い分けられるのはうれしいですよね。その隣には「健康遊具ランド」があり、エクササイズ器具が設置されています。小さい鉄棒もあり、こちらも子どもの遊び場として賑わってます。ボール遊びは「球戯広場」があるので、遠慮なく蹴ったり投げたりできます。広々とした空間が確保されており、周りは高いフェンスで覆われているので安全♪バスケットゴールも設置されており、訪れた時も皆が思い思いの球戯を楽しんでいました。

年齢によって遊び場を使い分け

小さい子どもが遊べる「児童遊園」
小さい子どもが遊べる「児童遊園」

サッカーやキャッチボールもできます!

バスケットゴールもある「球戯広場」
バスケットゴールもある「球戯広場」


シートを広げて楽しめる広場も豊富

自由に遊べる広場もたくさんあります。「樹木広場」は、おいかけっこする子どもやシートを広げてくつろぐ家族などで賑わっており、桜並木の横にあるので春にはお花見スポットになります。「北の広場」や「はらっぱ広場」は気持ちの良い芝生広場となっているので、家族でのんびりするのにピッタリ。お弁当を持って訪れれば、素敵な時間を過ごせるでしょう。その他にも「丘の上広場」では、フリスビーやバドミントンを楽しむ人の姿がありました♪

自由に遊べる広場です

広々とした「樹木広場」
広々とした「樹木広場」

家族でお弁当♪

芝生が広がる「北の広場」
芝生が広がる「北の広場」


「せたがや梅まつり」など四季折々の自然も満喫できる

四季折々の自然が楽しめるのも、こちらの公園の魅力です。「梅林」には約650本・60品種の梅が植えられており、都内でも有数の規模。八重寒紅や八重野梅などと共に、太宰府天満宮から寄贈された飛梅も植えられています。2月上旬から3月上旬の梅が咲く頃には、「せたがや梅まつり」が開催。梅大福も販売される模擬店や植木・園芸市、特設ステージも設置され、毎年多くの人で賑わいます。

「せたがや梅まつり」も開催

約650本・60品種が植えられている「梅林」
約650本・60品種が植えられている「梅林」

太宰府天満宮寄贈の飛梅と石碑
太宰府天満宮寄贈の飛梅と石碑


春には「桜並木」が満開に咲き誇ります。公園の中心に東西へのびており、例年3月下旬から4月上旬が見頃。横には前述の「樹木広場」や「丘の上広場」があり、シートを敷いてお花見を楽しむことができます。また、11月下旬から12月には「イチョウ並木」が見頃となります。同時期には紅葉も美しいため、散策するのにピッタリな季節となっています。ちなみに園内には1周630mの「わくわく園路周回コース」が設置されており、季節ごとの風景を眺めながらジョギングやウォーキングが楽しめます♪

人気のお花見スポット!

公園の中心にある「桜並木」
公園の中心にある「桜並木」

自然に囲まれジョギング

1周630mの「わくわく園路周回コース」
1周630mの「わくわく園路周回コース」


のんびり休憩できるスポットも

遊び疲れたら和室「星辰堂」に、休憩スペースがあるので便利。誰でも自由に立ち入ることができます。ランチはお弁当を持って行くのも良いですが、週末にはキッチンカーがでています。これは世田谷区が公園の魅力向上のために誘致しているもので、カレーやパン、ハンバーガー、クレープなどのキッチンカーが出店しています。また、園内には売店「はねっこ」もあり、ちょっとしたお菓子や飲み物を販売。前にはベンチも設置されているので、のんびりお茶したい時にも利用できます。

カレーやクレープなどが味わえます

公園内に出店しているキッチンカー
公園内に出店しているキッチンカー

ちょっとした休憩に便利

羽根木公園・売店「はねっこ」とベンチの様子
羽根木公園・売店「はねっこ」とベンチの様子


スポーツも読書も、過ごし方は様々の「羽根木公園」

その他にも園内には「野球場」や「テニスコート」といったスポーツ施設があり、訪れた時も老若男女が楽しそうに体を動かしていました。また、「梅ヶ丘図書館」が併設されており、3フロアで構成された館内には、様々な本が蔵書されています。乳幼児向けのおはなし会や絵本読み聞かせなども開かれているので、雨の日などには重宝しそうですね。

このように「羽根木公園」は、子どもから大人までが1年を通して楽しめる、素敵な公園となっていました!ちなみに「梅ヶ丘」駅前からは「北沢川緑道」が南東へのびており、こちらも自然豊かなので散策にオススメ。遊具も所々に設置されており、桜の名所としても知られています。緑道は池尻方面まで続いており、そこから南に行くと「世田谷区立世田谷公園」も広がっています。自転車で20分ほどなので、サイクリングで訪れてみるのもいいですね♪

隣にはテニスコートがあります

「野球場」の様子
「野球場」の様子

絵本読み聞かせも開催

併設されている「梅ヶ丘図書館」
併設されている「梅ヶ丘図書館」


発見ポイント!

「羽根木プレーパーク」の手作りブランコ
「羽根木プレーパーク」の手作りブランコ

  • (1)子どもの年齢によって、遊び場を使い分けできる!
  • (2)プレーパークでは冒険気分を味わえる!
  • (3)梅、桜、イチョウなど1年を通して様々な自然を満喫できる♪

子どもから大人までが楽しめる「羽根木公園」の魅力をレポート!
所在地:東京都世田谷区代田4-38-52 
電話番号:03-3322-0415(羽根木公園有料施設窓口)
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/k..