進化する街「大崎」で洗練された都会生活を楽しむ、シングル女性の金曜日

image photo
image photo

大崎は品川エリアに隣接し、鉄道ターミナル駅と都心の住宅街というふたつの顔を持つ注目のエリア。近年「大崎」駅周辺の再開発が進み、東京の副都心としての機能も充実。働く街から暮らす街へと日々進化を遂げています。そんな大崎に住む、仕事もプライベートも楽しみたい、とあるシングル女性の平日をご紹介します。

時計

7:00

起床。朝ごはんは駅近くで

image photo
image photo

「大崎」駅周辺には朝ごはんが食べられるところがたくさんある。今日は散歩がてら、ちょっと足をのばして、東口の「パークシティ大崎」内にある「スノービーンズコーヒー」で。モーニングセットを頼めば、ふわふわのトーストが食べ放題。出勤までの時間を、光あふれるカフェでゆったり過ごす。

時計

8:30

「大崎」駅から通勤

JR「大崎」駅
JR「大崎」駅

朝食後は、「大崎」駅から電車で通勤。勤務地である「渋谷」まで、約6分で到着。短時間なので、朝の電車混雑のストレスがたまらないのが嬉しい。「大崎」駅は西口から羽田・成田空港への高速バスが出ているし、山手線隣駅の「品川」駅からは新幹線も出ているので、出張や帰省のときにも便利。

時計

18:20

「大崎ニュー・シティ」で買い物

image photo
image photo

定時で仕事を終え、大崎に勤務する友達と待ち合わせ。集合時間まで、「大崎ニュー・シティ」内をぶらぶら。無料で楽しめる「O美術館」で企画展を見て、1階のショッピングフロアへ。スーパーの「ライフ」、ドラッグストアの「マツモトキヨシ」、書店の「文教堂」、100円均一ショップ「ダイソー」と、必要な物が何でもそろうから、仕事帰りによく利用している。

時計

19:00

友達とディナー

image photo
image photo

ディナーは「ビストロ八木商店」へ。ソムリエのいる隠れ家ビストロは、おいしい料理、おしゃれな空間、すてきな店員さんと大人気で、予約が必須。「大崎」駅新西口から徒歩5分の百反通りには隠れた名店が多い。次はどの店に行こうか、と友達との会話も弾んだ。

時計

21:30

ジムでトレーニング

image photo
image photo

友達と別れた後、「スポーツクラブNAS」でトレーニング。ストレッチと筋トレで体をほぐした後、ランニングマシーン。目標だった10kmを走り切り、施設内のお風呂に入って汗を流す。広いお風呂が気持ち良いので、ジムで運動をしない日にお風呂だけ利用することも。

時計

23:00

カフェでひと休み

image photo
image photo

次の日が休みなので、「TSUTAYA 大崎駅前店」へ。カフェが併設された本屋で、翌2時まで営業しているので、時間を気にせずゆっくりできる。見たかった映画がレンタル開始していたので、休日用に映画をレンタルして帰る。

<一言>

大崎はオフィス街のイメージが強かったけれど、実際に住んでみると治安が良く、住宅街もきれいに整備されているので、女性が一人でも住みやすい街でした。駅の近くには飲食店が多く、食べ歩きで有名な戸越銀座も徒歩圏内、足を延ばせば五反田や品川にも近く、休日は好みのお店を探すのが楽しいです。
大崎の魅力は何といってもその利便性。JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京臨海高速鉄道りんかい線の4路線が使え、都内のどこへもアクセスがいいので、フットワークが軽くなりました。次の休日はりんかい線を使ってお台場に行こうと思います。