エリアコラム

京浜東北線「大森」の魅力、アクセス利便&注目の再開発エリアも身近に

大田区は都心にアクセスしやすく、環境に恵まれていることから住宅地としての人気が高い。「大森」駅東側に広がる山王も暮らしの利便性が高いベッドタウンとして根強い人気を誇る。

都心各エリアが30分圏内と利便性の高い街

JR京浜東北線「大森」駅
JR京浜東北線「大森」駅

「大森」駅に近い山王は交通アクセスの利便性が大きな魅力だ。「大森」駅からJR京浜東北線に乗れば「品川」駅まで6分、「新橋」駅まで15分、「東京」駅まで20分でダイレクトアクセス可能。「品川」駅でJR山手線に乗り換えれば「渋谷」駅まで21分、「新宿」駅まで28分と都心の主要ターミナルへ30分以内に移動できる。

山王周辺には環七通りや第一京浜、第二京浜など幹線道路が多く、自動車も利用しやすい。首都高速1号羽田線の「平和島」出入口や「勝島」出入口、首都高速湾岸線の「大井南」出入口も近く、高速道路にも短時間でアクセスできる。

「大森」駅からは「羽田空港」への路線バスがあり、東海道新幹線に接続する「品川」駅や東北・北海道新幹線、上越・北陸新幹線に接続する「東京」駅にも出やすいため、出張や旅行の際のアクセスもよい。

ショッピング施設や自然に親しめるスポットが身近

「大森」駅直結の「アトレ大森」
「大森」駅直結の「アトレ大森」

山王周辺には「オオゼキ大森駅前店」や「イトーヨーカドー 大森店」、「西友 大森店」などスーパーマーケットが充実。日常の買い物を身近で済ませることができる。「大森」駅周辺には多くの専門店が集まる「大森RaRa」や「アトレ大森」もあり、多彩な買い物ニーズを満たせるだろう。

「しながわ水族館」などがある「しながわ区民公園」
「しながわ水族館」などがある「しながわ区民公園」

緑や自然に親しめるスポットも身近だ。「しながわ水族館」やサイクリングコースなどがある「しながわ区民公園」、アスレチックコースやバーベキューが楽しめるキャンプ場を備える「平和島公園」、砂浜や干潟を散策できる「大森ふるさとの浜辺公園」など大規模公園も多く、折に触れて散策するのも心地よいひと時になる。

近隣で大規模開発が進む

「大森」駅からJR京浜東北線で2駅の「品川」駅、「品川」駅と「田町」駅間に2020(令和2)年3月に開業した「高輪ゲートウェイ」駅周辺では大規模開発が進められている。

「高輪ゲートウェイ」駅周辺では4つの街区に分け、1街区には住宅や教育施設、2街区には文化創造施設、3街区には生活支援施設やショッピング施設、4街区にはホテルやショッピング施設を設ける予定だ。まちびらきは2024(令和6)年頃が予定されており、完成すれば日本と世界から多くの人々を迎えるゲートウェイの役割を果たすことになる。

「高輪ゲートウェイ」駅
「高輪ゲートウェイ」駅

「品川」駅でも改良工事が進行中だ。2019(令和元)年11月にはJR京浜東北線の大宮方面行ホームの移設工事が完了した。今後は3・4番ホームの拡幅が行われ、2022(令和4)年頃にJR京浜東北線の大宮方面行とJR山手線外回りが同一ホームで乗り換え可能になる。

2027(令和7)年度には「品川」駅から「名古屋」駅間でリニア中央新幹線が開業する予定。さらに京浜急行線のホームを地平化し、JR「品川」駅改札口から高輪口方面をフラットで結ぶ計画、「品川」駅高輪口周辺でバスターミナルや再開発を行う計画もある。これらが実現すれば、山王での暮らしもより便利になるだろう。

大規模改良が進み、リニア中央新幹線乗り入れも予定される「品川」駅
大規模改良が進み、リニア中央新幹線乗り入れも予定される「品川」駅

都心に短時間でアクセスでき、ショッピング施設や自然環境に恵まれた山王。ここは将来性も豊かで、理想的な住宅地と言えよう。